ジージのメダカ飼育記

趣味のメダカ飼育で、日頃気づいたことを書いています。

「水草」の記事一覧

屋外メダカビオトープ水槽に緑藻が繁茂。水槽をリセット予定。

玄関の外に置いてあるプラスチック製のビオトープ水槽ですが、緑藻が繁茂してきています。MIXメダカを游がせて眺めていたのですが、見苦しくなってきました。水槽の壁面や鉢に入れて沈めている水草にも、まとわりついて簡単な掃除ではすまない状況です。設置したときは、水草を配置し見栄えがよかったのですが・・・。

屋外メダカ水槽の姫スイレンが繁りすぎ。剪定が必要ですね。

屋外の各水槽は、アナカリスを移動させ姫スイレンだけになっています。姫スイレンだけなのですが、葉が結構な繁り方で日差しが当たりにくいのではと思っています。週末ぐらいから、お日様マークの天気予報です(明日からは気温が上がりそうです)。日差しが少ないので、今のところ繁っていても影響は少ないといえます。

メダカ水槽にはどのような水草を使用すればよいか悩みました。

朝晩の気温がやや下がって、涼しくなってきました。日中は、まだまだ残暑が厳しいですが・・・。メダカ飼育の作業が、しやすくなってきましたね。先日から、稚魚が育ってきているので新しい水槽を立ち上げています。また以前からのメダカ水槽も、問題がなく元気に泳いでいます。

ホテイアオイ草を新メダカ水槽立ち上げ用にカットしました。

今日は朝から、久しぶりに日差しが射しています。しかし、気温は27℃と気持ちがよいですが、これから上昇しそうです。ご覧のように稚魚水槽にも日差しが射し、水温は早くも33℃を超えようとしていえます。この後のことを考え、ヨシズを掛けてやりました。ちょっと安心です。

メダカ水槽の水草(アナカリス)が増えすぎたので移動です。

よい天候に誘われてか、以前からの発泡スチロール水槽の水草がとても増えました。各水槽は約30リッターの飼育水に、10匹前後のメダカが泳いでいます。少ない匹数ですが、水草が茂りすぎているために、メダカの様子がとてもわかりづらいんです。きっと泳ぎづらいだろうなぁ、とちょっとメダカの気持ちになってみたりして・・・。

メダカ水槽の姫スイレンが、余っていたので植え換えて保管です。

以前にも掲載していたのですが、今日も朝から姫スイレンの植え換えです。水草のアナカリスは整理したので、次は、入れる水槽が無く別容器に保管していた姫スイレンの番です。水槽内にある姫スイレンはやや葉が多いのですが、邪魔になるほどではないだろうということでそのままです。

メダカ水槽の苔取りに、ミゾレヌマエビがいいかも・・・。

4~5日前に、水槽内の苔を無くしたいという投稿をしていました。そのときはミナミヌマエビを投入し、気長に苔取りをさせようと思っていました。この投稿していたときには、ミナミヌマエビとヤマトヌマエビについて書いています。書き終わってから、ふと以前購入したヌマエビを思い出したんです。

メダカ水槽内の水草(アナカリス)整理と水替えを頑張りました。

7月20日の投稿で、水草が繁殖しすぎで整理したいと言っていました。そこで今日は、水草のアナカリスの整理です。メダカの泳ぐ場所も無いような有様です。これは見苦しいし、メダカにもなんとなく可哀想ですね。水槽内をすっきりしたついでに、水替えもしてやろうと思ったわけです。

メダカ水槽の姫スイレンを植え替えしました。

今年の春に、スイレン用の肥料を与え、ちょっと元気を取り戻してくれている姫スイレンです。しかし、なかに葉さえまともに育ってくれていない姫スイレンもあります(涙)。今回、肥料を与えながら植え替えようと考えました。これまでは、購入したときのままで肥料を与えていたので、この植え替えでちょっとは良くなるかなと期待です。

メダカ水槽の後景水草を「水生植物の土」で植え替えしました。

昨日実施する予定だった、水草の植え替え・手入れ作業を、今日行いました。昨日の強風のせいで、写真のように倒れてしまい、鉢から浮いてしまっています。鉢の中に入れていた土は硬質焼玉土で、水草をしっかり固定できないようでした。

屋外メダカ水槽の数が増えたので、水草(アナカリス)を購入。

新しく立ち上げた水槽は、まだ焼玉土の濁りがきれいになりません。慌てる必要が無いので、じっくり構えているのですが・・・。 数日したら、パイロットフィッシュの投入を考えています。パイロットフィッシュ(またまた幹之メダカです)の投入後は、三色透明燐メダカを飼育したいと考えています。

メダカ水槽の白濁りを無くすには。

先日から、黄金黒燐ヒカリメダカの水槽が白濁りで困ってることを掲載しました。もちろん水替え等の対応も行っていますが、なかなか結果が出ない状況なんです。緑色になるグリーンウォーターに関して(あまり好きではないのですが)は、よく理解しているつもりです。しかし、今回はよくよく見ると、白濁りといえるかもしれません。