ジージのメダカ飼育記

「水草」の記事一覧

メダカ水槽の水草(アナカリス)が増えすぎたので移動です。

よい天候に誘われてか、以前からの発泡スチロール水槽の水草がとても増えました。各水槽は約30リッターの飼育水に、10匹前後のメダカが泳いでいます。少ない匹数ですが、水草が茂りすぎているために、メダカの様子がとてもわかりづらいんです。きっと泳ぎづらいだろうなぁ、とちょっとメダカの気持ちになってみたりして・・・。

メダカ水槽の姫スイレンが、余っていたので植え換えて保管です。

以前にも掲載していたのですが、今日も朝から姫スイレンの植え換えです。水草のアナカリスは整理したので、次は、入れる水槽が無く別容器に保管していた姫スイレンの番です。水槽内にある姫スイレンはやや葉が多いのですが、邪魔になるほどではないだろうということでそのままです。

メダカ水槽の苔取りに、ミゾレヌマエビがいいかも・・・。

4~5日前に、水槽内の苔を無くしたいという投稿をしていました。そのときはミナミヌマエビを投入し、気長に苔取りをさせようと思っていました。この投稿していたときには、ミナミヌマエビとヤマトヌマエビについて書いています。書き終わってから、ふと以前購入したヌマエビを思い出したんです。

メダカ水槽内の水草(アナカリス)整理と水替えを頑張りました。

7月20日の投稿で、水草が繁殖しすぎで整理したいと言っていました。そこで今日は、水草のアナカリスの整理です。メダカの泳ぐ場所も無いような有様です。これは見苦しいし、メダカにもなんとなく可哀想ですね。水槽内をすっきりしたついでに、水替えもしてやろうと思ったわけです。

メダカ水槽の後景水草を「水生植物の土」で植え替えしました。

昨日実施する予定だった、水草の植え替え・手入れ作業を、今日行いました。昨日の強風のせいで、写真のように倒れてしまい、鉢から浮いてしまっています。鉢の中に入れていた土は硬質焼玉土で、水草をしっかり固定できないようでした。

屋外メダカ水槽の数が増えたので、水草(アナカリス)を購入。

新しく立ち上げた水槽は、まだ焼玉土の濁りがきれいになりません。慌てる必要が無いので、じっくり構えているのですが・・・。 数日したら、パイロットフィッシュの投入を考えています。パイロットフィッシュ(またまた幹之メダカです)の投入後は、三色透明燐メダカを飼育したいと考えています。

メダカ水槽の白濁りを無くすには。

先日から、黄金黒燐ヒカリメダカの水槽が白濁りで困ってることを掲載しました。もちろん水替え等の対応も行っていますが、なかなか結果が出ない状況なんです。緑色になるグリーンウォーターに関して(あまり好きではないのですが)は、よく理解しているつもりです。しかし、今回はよくよく見ると、白濁りといえるかもしれません。

立上げ中の屋外水槽と屋内の水槽水温が同じ、姫スイレンの移動です。

今日は、昨年秋まで使用していた底砂(ピュアブラック)を熱湯消毒して、屋外の水槽に敷きました。約半年間水につかったまま放置していたのですが、念のため熱湯をかけて消毒をしました。写真のように水温計を入れ、水温計測をしています。水温は、13℃でした。

メダカ水槽の冬枯れしそうな水草が元気になってきた。

暖冬で暖かい日が多く、水温もそこそこ高い状況です。しかし、屋外水槽の水草が枯れそうになってきたため、慌てて屋内に避難しました。発泡スチロールにヒーターを入れ、水温を20℃に保つようにしました。しかし、もう一工夫したことにより、見違えるように元気になりました。

屋外メダカ水槽の水草が全滅しそうなので屋内に移動しました。

今期は暖冬の冬でしたが、マイナス水温の日が少なくほとんどが5℃前後を推移しています。比較的寒さに強い水草を選んで、メダカ屋外水槽に入れていたつもりです。最近では水温も5~8℃くらいで、水草も越冬してくれると思っていたのですが・・・。