ジージのメダカ飼育記

趣味のメダカ飼育で、日頃気づいたことを書いています。

「飼育」の記事一覧

趣味でメダカ飼育していると、必ずぶつかる壁があります。

メダカを趣味で飼育していると、悩むのが増え続ける稚魚への対応です。メダカ販売をされている方にとってはとても大切なことですで、繁殖してくれないと困るわけですよね。それも希少価値のあるものが増えることに、一生懸命になっていらっしゃることでしょう。しかし、私のような趣味ののものにとっては、メダカが増えることは嬉しいようで頭を悩ませることになります。

長崎のがんばさん(メダ友)から改良メダカとグッズが届きました。

いつもお世話になっているメダ友さん(長崎のがんばさん:メダ友というより飼育の大先輩)から、たくさんの改良メダカとグッズのプレゼントが届きました。グッズは手作り産卵床とキーホルダーです。家族中が「まあ、可愛い」といって、我先にキーホルダーをゲットしていきました。

梅雨に突入、メダカ飼育で注意することはなんだろう。

とうとう、日本列島も梅雨に入り始めましたね。もちろん晴れた日と違い、外気温は低いです。でも、最低気温がそんなに下がっていないこともあり、水温は17~8℃を維持しています。ですから、屋外飼育をしていても少し安心できそうです。

メダカの卵の採卵と、孵化までの方法。

我が家のメダカたちの繁殖活動が、活発になってきたようです。自作産卵床にうまく産み付けてくれる場合があったり、そうできないで抱卵したままの場合があります。もちろん、産卵床に産み付けてくれると、採卵が楽なのはいうべきもないのですが、なかなかそういかない場合があります。そういう場合は、次のような方法で採卵をしています。

桜が満開。パイロットフィッシュのメダカも元気です。

2日前にパイロットフィッシュを投入しました。ちょっと寒い日でしたが、頑張ってもらおうと思ったんです。その後の天気予報も暖かい日が来ると予想していたからです。案の定、昨日はとても暖かい日でした。今日も朝から気温・水温も高く、人はもちろん、メダカにとってもよい日だったと思います

屋内メダカ飼育から屋外飼育に移動するための温度合わせです。

3月もあと1週間ほどです。元号は何となるのでしょうか。メダカの世界は元号とは何ら関係がないのですが、4月以降の気候が気になります。昨日は降雪があり、気温が低かったのですが、今後は今日くらいの暖かい日が続きそうです。現在は屋外水槽の水温も低く、メダカの屋外移動をさせるにはとても無理な水温です。

屋内の加温水槽のメダカを加温しないで飼育したい。

今日は桃の節句(ひな祭り)ですね。3月に入り暖かい日が続いています。屋外の水槽の水温がまだ10度未満なのが残念ですが、温かい人いっても12~14℃の外気温ですからね。いつもの水温は、外気温より5℃ほど低いんですからそのとおりの状況です。

暖冬なんですが、2匹のメダカが死んでしまいました。

先日から、暖かな日が多くなってきています。今年の冬を振り返ると、マイナス気温(朝7:00頃)になった日がとても少ないんです。メダカが十分な冬眠期間がとれずに、ストレスに強いメダカに育たないのではないかと思っています。昨日は、もう少しで10℃を越えそうな感じでした。

三色透明鱗メダカをいただく予定です。どんなビオトープにしようか。

昨年の秋に、メダ友さんから「三色透明鱗メダカ」をあげますよって言われ、とても喜んだ私。我が家には5品種ほどのメダカがいるんですが、そこに三色透明鱗メダカが加わるわけです。いただくという話があったときは、まだ幼いメダカでしたのでメダ友さん宅で冬越しをしていただいています。暖かくなって、我が家のとどくのが楽しみです。

もうすぐ2月。春に向かってのメダカ飼育も準備をしよう。

もうすぐ2月。一番寒い季節、厳冬期に入ります。天気予報では、2月に入ると寒い日が続くということでしたが、今日の予報では中旬までは暖かい気候になりそうだとのこと。地域によって気温や水温は違うと思いますが、関東や北陸では例年より暖かいとのことでした。

メダカ稚魚水槽に、底砂と水草を入れ環境を整えたいと思います。

前回の投稿では、苔取り用にミナミヌマエビの投入したと述べました。説明不足で申し訳なかったのですが、水槽内面に付着しだした苔類はミナミヌマエビでは除去することはできません。苔類が繁殖するのは照明も関係しますが、1番は水質が餌のやり過ぎによって富養化していることです。その富養化を、ミナミヌマエビがメダカの食べ残し等を処理してくれて、水質悪化を防いでくれることです。

屋外メダカ水槽の水温と気温の差があるので困ります。

三連休の中日の土曜日、秋も深まり冷え込みが強くなってきています。1日目は雨模様でした。今日はとても良い天気です。しかし、天気が良い分気温が低いんです。7:00で3℃の気温。多分明け方はもっと冷え込んでいると考えられます。このときの水温が8℃と、気温より高いんです。

新しい屋内水槽にメダカ稚魚の移動完了。元気に泳いでいます。

一昨日、時間をかけてメダカの稚魚を新しい水槽に移動しました。加温しているので安心ですが、エアレーションだけでは水質悪化は防ぎにくいですね。なので、水作のエイトコアという投げ込み式のフィルターを設置しました。

屋外水槽のメダカは、冬が近いけれど元気に泳いでいます。

小雨模様だった今日1日でしたが、気温15.6℃(水温14.9℃)は高い日でした。メダカたちは、いつもより活性が高かったかなと感じています。朝から陽の射す日は、気温(水温)は低く、水温は10℃台です。昼は結構気温が上がるのですが、水温はそれほど上昇してくれません。せいぜい2~3℃くらいの上昇ですね。