ジージのメダカ飼育記

趣味のメダカ飼育で、日頃気づいたことを書いています。

「水槽」の記事一覧

趣味の屋内飼育はメダカの鑑賞が目的。経験から必要なものは?①

11月も中旬にさしかかり、これからは気温はもちろん、メダカ水槽の水温も下がる一方になりますね。週間天気予報を見ていても、ときには気温の高い日もありますが、あまり良い予報ではありません。屋外でメダカ飼育をしていると、メダカの活発な姿を見る機会が減ってしまい、とても寂しい限りです。

日当たりの良い水槽と屋内稚魚水槽にミナミヌマエビを入れました。

最近よい天気が続いています。ただ、朝昼の寒暖の差が大きいと前にも書きました。今朝の日の出前の水温です(最低気温は5℃です)が、屋外の日陰水槽では6℃ほどでした。右は、玄関にある屋内水槽の温度です。他の水槽は確認していませんが、同様に低いと思います。

まだトンボがいます。繁殖期は終わっているからメダカ水槽は大丈夫?

今日もよい天気に恵まれました。最高気温が18℃とありましたが、体感温度というか日差しがあったので、半袖の人も見受けました。私は年が年ですから、半袖は無理ですが・・・。今日の夕方の散歩時に、トンボが飛翔しているのを見かけました。

烏城三色メダカ稚魚を、グリーンウォーター水槽から屋内水槽に移動。

今日は朝からグズついた1日でした。強くは降らないのですが、小雨が降ったり止んだり・・・。今週は、ある程度よい天気が続きそうな予報なんですが、最後の屋外稚魚水槽が1つだけ残っていたんです。そこで、残っていた最後のグリーンウォーター飼育していた、烏城三色メダカの稚魚を屋内の水槽に移動しました。

越冬用発泡スチロール水槽への移動は、オロチメダカが最後です。

昨日も天候がよく、日向の水槽は35℃近くになっていました。思わず、ヨシズを掛けた次第です。この天気の良いときにと、オロチメダカをそれまで飼育していたプラスチック製のタライ水槽から移動しました。もちろん冬を越すためにと立ち上げていた、発泡スチロール水槽です。

新しい中型発泡スチロール水槽から水が浸み出る。なぜなんだろう。

昨日はタライ水槽に入れていたメダカを、新しく購入した38Lの発泡スチロール水槽に移動しました。ちょっと前に購入した大型の81L発泡スチロール水槽は、水を満タンにすると浸み出てくるという状況でした。そのため、白色の水性塗料で内側を塗装し、飼育水が浸み出ないようにしたんです。これは飼育水の浸み出しが止まり、メダカを游がせています。

発泡スチロールを冬用に3箱購入し、断熱水槽として入れ替えました。

今日は用事で出かけたついでに、DIYショップで発泡スチロール38.8Lを3箱購入しました。今まで、32Lと表示した発泡スチロールは容量間違いで、38.8L(38Lと表示しますね)が正しいものです。大型の発泡スチロールは正確には81.3Lなんですが、81Lとこれからは表示したいと思います。

今年の春生まれのMIXメダカたち。80Lの大型水槽に移動です。

今日は一日中曇り空です。 最高気温が21℃で、現在(16:00)は18℃です。 現在の水温も、17℃でやや低いですよね。 今後も、そう高くなることはなさそうです。 なので、グリーンウォーターで春から飼育しているMIXメダ […]

意外でした。大型発泡スチロール水槽の水漏れは無いのかも。

台風19号のあとは寒い日が続きましたが、ここ数日は日差しのあるよい天気です。しかし、朝の水温は軒下も同様で15℃ほどです。以前、大型(80L)の発泡スチロールを購入したことを書き込みました。その80L水槽に水を満タンにすると、水圧で水が浸みてくるとも別投稿しました。その他に、水性塗料を塗るとどうなるのかということも投稿しました。

メダカ稚魚を入れるための、新水槽立ち上げることにしました。

台風19号が去っても、天候はすぐれず曇りです。ときおり陽が射すものの、20℃は超えなさそうです。水温も、現在は20℃をやや下回っています。こうした日は何をやろうか考えましたが、メダカの稚魚を移動させるための、新水槽を立ち上げることにしました。

台風19号によるメダカへの影響は少なく、被災地に申し訳ないです。

ニュースを見るのが辛くなりますが、大変な爪痕を台風19号は残していきましたね。被災地の方々にお見舞い申し上げます。我が地方は大きな被害も無く、無事通過していきました。こうして、メダカ飼育をしているのが申し訳なく思います。