ジージのメダカ飼育記

趣味のメダカ飼育で、日頃気づいたことを書いています。

「水槽」の記事一覧

メダカ稚魚を入れるための、新水槽立ち上げることにしました。

台風19号が去っても、天候はすぐれず曇りです。ときおり陽が射すものの、20℃は超えなさそうです。水温も、現在は20℃をやや下回っています。こうした日は何をやろうか考えましたが、メダカの稚魚を移動させるための、新水槽を立ち上げることにしました。

台風19号によるメダカへの影響は少なく、被災地に申し訳ないです。

ニュースを見るのが辛くなりますが、大変な爪痕を台風19号は残していきましたね。被災地の方々にお見舞い申し上げます。我が地方は大きな被害も無く、無事通過していきました。こうして、メダカ飼育をしているのが申し訳なく思います。

大型発泡スチロールは水が染み出ます。内側をポリ袋で防いだらいい?

コメントでアドバイスを頂いたやり方を、実行しようと試行してみました。80Lの発泡スチロールの飼育水の染みだしを防ぐために、この発泡スチロールの中にポリ袋を入れるんです。80Lの容量ですから、単純にアマゾンで80Lだからちょっと大きめの90Lのポリ袋を購入しました。

屋外メダカビオトープ水槽に緑藻が繁茂。水槽をリセット予定。

玄関の外に置いてあるプラスチック製のビオトープ水槽ですが、緑藻が繁茂してきています。MIXメダカを游がせて眺めていたのですが、見苦しくなってきました。水槽の壁面や鉢に入れて沈めている水草にも、まとわりついて簡単な掃除ではすまない状況です。設置したときは、水草を配置し見栄えがよかったのですが・・・。

発泡スチロール水槽の水がしみ出るので、ガラス水槽を中に入れた。

冬越しを考えて、屋外の水槽は発泡スチロールにしています。メダカは水面が凍っても、底に移動し冬眠するようにしています。底まで凍ってしまうような浅い水槽では、メダカも凍ってしまうので、これでは生きていることはできませんね。ですから、大きな水槽が欲しいわけです。

メダカ水槽がプラスチックでは越冬が無理。発泡スチロールに交換。

タライの水槽を3槽使用しています。材質はプラスチックなので、この水槽で越冬は無理だろうと思っています。私自身もプラスチックの水槽では、外気温がモロに影響してきますから発泡スチロールに交換すべきと考えています。以前にもブログに書いているのですが、普通(配送用とか)の発泡スチロールでは厚みがないんですよ。

オロチメダカの稚魚を、大きな水槽に移動させてそこで冬越しです。

昨日まではよい天気だったので、暑いけれどそれなりに過ごしやすかったと思いました。連休最終日は、曇り空でときおり雨も降っています。26℃の気温で、少し肌寒い感じがしますね。もっと暖かい日に実行したかったのですが、オロチメダカの稚魚たちを新水槽に移動しました。

ゴミ箱ケースで飼育の稚魚を、広い発泡スチロール水槽に移し替え。

昨日までの猛暑が、うって変わり雨模様です。気温も低めで過ごしやすいのですが、小雨になったり強く降ったりです。おかげでカバーを掛けたり外したりと、雨雲レーダ予報を見ながら結構忙しいですね。雨の合間を狙って、ゴミ箱のケースに入れて飼育していた稚魚を、発泡スチロールの広い水槽に移動しました。

タライのメダカ新水槽に、パイロットフィッシュを放しました。

今日は予報どおりよい天気で、日差しも射して暑くなりました。タライの新水槽を3槽立ち上げているのですが、そこへパイロットフィッシュを投入しました。水合わせをしている時間を利用して、金網のネットに針金を通しました。これで3ネットできあがり、あと2つですが1日一つで嫌になります。

再びメダカが消えた。誰の仕業かわからないけれど対策を。

雨が激しくなる前(まだ明るいんですが)に、雨による被害を減らそうと水槽の半分に蓋がけです。その前の、4時過ぎに給餌をしました。そのときには、確かにメダカを確認しています。朝6時半頃に蓋を外すと、メダカが数匹消えていたんです。