ジージのメダカ飼育記

趣味のメダカ飼育で、日頃気づいたことを書いています。

「撮影」の記事一覧

各水槽(稚魚槽も含めて)のメダカの様子を撮影してみました。

今日はメダカ飼育のお決まり(ルーティーンかも)コースをした後、各水槽を撮影してみました。稚魚水槽から成魚の水槽まで、一眼レフのマクロ50mmでの撮影です。なかなか上達していないのですが、そこはご勘弁いただいての掲載です。

烏城三色メダカの雌雄調べ。注文のメダカが届き水槽に放流です。

昨日、発送された烏城三色メダカが、午前中に届くはずなんです。 その前に、がんばさんからいただいたメダカの雌雄を、写真撮影を兼ねて調べてみました。 産卵床に、ここ数日産み付けていないこともあり、同性の2匹だろうなと感じていました。

アドバイスを受けて、昨日に続きメダカ撮影に再度挑戦。

昨日の投稿に、コメントをいただきました。昨日の投稿は、一眼レフとマクロレンズによるメダカ撮影についてのものです。私の撮影技術に対しての、親切なアドバイスコメントでした。以前にもアドバイスをいただき、少しずつですがメダカ撮影に進歩を感じていました(なかなか上達しないのですが・・・)。

メダカを手振れ補正無しのマクロレンズで、撮影に再挑戦。

前回はとてもよい天気で、絶好の撮影日和でした。しかし、カメラの設定がよくわからず、情けない写真(暗過ぎて見えなかったり白とびして見えない写真)ばかりでした。今日は曇り空で、ときおり小雨の天気でした。前回の撮影の反省をしたかったのですが、曇り空の場合も練習が必要だと感じ実施しました。

メダカの撮影をしたけれど、一眼レフの設定がよくわからない。

数日前から、久しぶりにメダカの撮影をしたいと考えていたんです。大きく綺麗に撮影するには、マクロレンズの手振れ補正付きがいいなと思い探していました。中古レンズとかを中心にいろいろ探したんですが、手振れ補正が付くと価格が跳ね上がるんです。私の所有するマクロレンズは、タムロンの「SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1」という製品です。

屋内のメダカ加温水槽を、一眼レフカメラで撮影しました。

今日は、屋内加温水槽のメダカたちを撮影しました。久々に一眼レフカメラ(CANON EOS 6D MarkⅡ)とそのセットレンズ(CANON EF24-105mm STM )での撮影です。30㎝キューブの水槽なんですが、やはりメダカの動きは素早いものがあります。ましてや幼魚(昨年の秋生まれ)なので、落ち着きがまったくありません。

水槽のメダカを各カメラで撮影比較してみました。

今日は屋内のメダカ水槽に、足し水をして水槽の上限2~3㎝を残して入れました。水量が多いと、メダカやミナミヌマエビの過密飼育が多少なりとも良いかと思っています。27リッター近く入っていますから・・・。少し過密ですが、水換えの回数を増やしたりしてしのぎます。水換えをしたあと、撮影比べをしました。元々撮影技術がないので、写りが悪いのは我慢してください。

メダカの稚魚をスマホの240fpsのスローで撮影してみました。

今回はメダカの話題からちょっと離れています。私のスマートフォンには、240fps(1秒間のフレーム数)でスローモーション撮影ができるカメラモードがあります。4K動画も撮れますが、スローモーションの場合は児童で1080p(1980×1080のフルサイズ・・・私にはこれで充分)に変更されます。ということは、4K 動画のスローモーションが撮れないということです(私には必要が無いモードですが)。

メダカ撮影でスマホのカメラアプリ3種類を比べてみた。

メダカの活性が高いときには、器やケースに入れて一眼レフカメラで撮影をしたいと思っているんです。でも活性が落ちている現在、屋外水槽であれば上見の撮影が中心ですね。稚魚のガラス水槽であれば横見も撮れるんですが、慌ただしく動くので一苦労です。長い投稿文になりました。ところどころ流し読みしてくさいね。

メダカをスマホの有料カメラアプリcamera FV-5で撮影です。

今日も朝はいつもどおり冷え込んでいました。先日の薄氷はありませんでしたが・・・。水温は4℃くらいで、メダカたちは底でジッとしていました。屋外水槽に陽が当たってきても、水槽の水温は5℃台です。しかし、メダカたちは日なたぼっこをする感じで、上の方にゆっくり上がっていていました。

メダカの稚魚をスマホのカメラアプリで撮影しました。

以前に何度かチャレンジした、スマートフォンのカメラアプリでのメダカ撮影。なかなかうまく撮れず、やむを得ず一眼レフカメラを購入したんですが。最初からスマホに標準で入っていたカメラアプリと、別途有料のカメラアプリを使って撮影してみました。

メダカ稚魚水槽は元気な稚魚たちで大賑わい。久しぶりに撮影再開。

昨日は3連休最後の日曜日も良い天気でした。ちょっと風はありましたが、南風で気温はこの時期としては暖かでしたね。水温の上昇もそこそこあり、極々少ない餌やりを昼頃しました。玄関にはメダカの稚魚たちが、ヒーターで加温した水槽で元気に泳いでいます。以前のグリーンウォーターで無加温のときとはまったく違った様相で、嬉しい限りです。

メダカの撮影が難しい季節になり、被写体を変えて撮影練習。

メダカの活性が落ち、水面に上がってくることが少なくなりなりました。活性の落ちているときに、ケースに入れるなんて事も出来ません。メダカを撮るために、一眼レフカメラに必要なレンズを購入しました(標準レンズ付きでしたが、メダカ撮影には使っていません)。接写するためのマクロレンズ(これは新品ですが手振れ補正が付いていません)と、その後望遠レンズ(中古ばかり)を購入しました。望遠レンズは、離れたところから撮影するので、メダカを驚かせないという利点があるからです。

メダカ撮影に乗じて、一眼レフカメラのレンズを購入。

今日は曇りときどき雨なんですが、水温は高く相変わらずメダカの活性は上がっています。 今日の話題は、表題にもあるように一眼レフカメラのレンズを購入しました。 レンズ沼に落ちたくないという気持ちはあるのですが、ついつい手が出るんです。 といっても中古品で安物ですが・・・。