ジージのメダカ飼育記

趣味のメダカ飼育で、日頃気づいたことを書いています。

「アクアリウム」の記事一覧

メダカ稚魚を入れるための、新水槽立ち上げることにしました。

台風19号が去っても、天候はすぐれず曇りです。ときおり陽が射すものの、20℃は超えなさそうです。水温も、現在は20℃をやや下回っています。こうした日は何をやろうか考えましたが、メダカの稚魚を移動させるための、新水槽を立ち上げることにしました。

台風19号によるメダカへの影響は少なく、被災地に申し訳ないです。

ニュースを見るのが辛くなりますが、大変な爪痕を台風19号は残していきましたね。被災地の方々にお見舞い申し上げます。我が地方は大きな被害も無く、無事通過していきました。こうして、メダカ飼育をしているのが申し訳なく思います。

水草(ドワーフアマゾンフロッグビット)が増え、メダカが見えない。

今日は全国的によい天気のようで、水草の手入れや水槽の掃除をしました(日陰の水温は低いのですが)。タライの水槽を中心に、スポンジで壁の壁面に付いた苔を落としてやりました。今年の春生まれの黄金黒燐ヒカリメダカを入れている水槽です。結構汚れていました(水は綺麗なんですが、壁面が緑色でした)。ついでに汚れた飼育水を、半分交換しました。

大型発泡スチロールは水が染み出ます。内側をポリ袋で防いだらいい?

コメントでアドバイスを頂いたやり方を、実行しようと試行してみました。80Lの発泡スチロールの飼育水の染みだしを防ぐために、この発泡スチロールの中にポリ袋を入れるんです。80Lの容量ですから、単純にアマゾンで80Lだからちょっと大きめの90Lのポリ袋を購入しました。

断熱効果が高い発泡スチロール水槽。メダカ水槽に適しているか。

先日から、稚魚を入れるための水槽を準備しています。まだ越冬するには小さな稚魚たちですが、本格的な冬の前には、今の稚魚槽から移動できるでしょう。私の使用しているメダカの水槽は、ほとんどが発泡スチロール材質です。断熱効果が高いことで、夏の高温や厳寒の真冬をしのぐためには欠かせない材質の水槽です。

水槽移動したメダカや、緑藻対策のヤマトヌマエビは元気です。

今日は、なにしろ天気がよくなく小雨交じりなので、作業は監察のみになってしまいました。1番の心配は、昨日も書いたのですがヤマトヌマエビの状況です。水合わせはしっかりしたつもりですが、元々の飼育水はカルキ抜きなんです。そこに緑藻に覆われた、水草4鉢を入れた容器なんです。

屋外メダカビオトープ水槽に緑藻が繁茂。水槽をリセット予定。

玄関の外に置いてあるプラスチック製のビオトープ水槽ですが、緑藻が繁茂してきています。MIXメダカを游がせて眺めていたのですが、見苦しくなってきました。水槽の壁面や鉢に入れて沈めている水草にも、まとわりついて簡単な掃除ではすまない状況です。設置したときは、水草を配置し見栄えがよかったのですが・・・。

発泡スチロール水槽の水がしみ出るので、ガラス水槽を中に入れた。

冬越しを考えて、屋外の水槽は発泡スチロールにしています。メダカは水面が凍っても、底に移動し冬眠するようにしています。底まで凍ってしまうような浅い水槽では、メダカも凍ってしまうので、これでは生きていることはできませんね。ですから、大きな水槽が欲しいわけです。

トンボのアキアカネが飛んでいます。メダカの天敵ヤゴに注意。

ここ数日、気持ちのよい日が続いていますね。夕方、愛犬の散歩時に田んぼの農道を行くのですが、アキアカネの群れに囲まれます。それは秋の風情でいいのですが、やはりメダカを飼育しているものにとっては、幼虫のヤゴが怖いですね。

メダカ水槽がプラスチックでは越冬が無理。発泡スチロールに交換。

タライの水槽を3槽使用しています。材質はプラスチックなので、この水槽で越冬は無理だろうと思っています。私自身もプラスチックの水槽では、外気温がモロに影響してきますから発泡スチロールに交換すべきと考えています。以前にもブログに書いているのですが、普通(配送用とか)の発泡スチロールでは厚みがないんですよ。

天高くメダカ肥ゆる秋。この季節の餌はどれがいいのでしょうか。

孵化したばかりの稚魚の餌や、少し大きくなった幼魚の餌について、どんな餌がいいのか考えてみました。孵化したばかりの針子から稚魚に成長しているメダカには、できるだけ細かく水面に浮いてくれるパウダー状のものを使っていました。