ジージのメダカ飼育記

趣味のメダカ飼育で、日頃気づいたことを書いています。

ブログ

幹之メダカ鉄仮面をネットショップ購入し、雌2匹の水槽に追加。

ネットで注文していた、幹之メダカ鉄仮面が昼前に届きました。○ャームさんからは、注文した翌日にとどいたので、早くて感謝です。また梱包も丁寧で、2重のナイロン袋に入っていました。当たり前の発送かもしれませんが、受け取る方は安心です。雄が1匹と雌が3匹です。もちろん死着無しです。鉄仮面メダカ全てで、雄が1匹で雌が5匹になるので、雄が大変だなと心配になります(笑)。

今年生まれたMIXメダカを屋外水槽に移動しました。

屋内飼育で生まれた今年のMIXのメダカたちは、屋外の睡蓮鉢に移動しました。まだ小さいのですが、玄関の棚が最近生まれた卵で狭くなったのも理由の一つです。いずれ屋外にと考えていたので、水温の高い今のうちなら大丈夫だろうという判断です。

幹之メダカ鉄仮面の性別を調べてみました。

好きなメダカの品種に幹之メダカ鉄仮面がいます。昨年は10数匹いたのですが、越冬して生存しているのは2匹のみです。なんとかこの幹之鉄仮面メダカから、産卵したいと願っているんです。昨日のメダカたちの抱卵・産卵の状況を考えると、この2匹の鉄仮面メダカの雌雄はどうなっているのか調べる必要を感じました。どっちかに偏っていたら、当然産卵するはずもありません・・・。

オロチメダカが抱卵していたので採卵しました。

今朝8時頃、給餌しながらメダカを観察していると、水槽の中にオロチメダカの抱卵している雌を見つけました。 赤い矢印のメダカです。この水槽では、11匹のオロチメダカを飼育しています。抱卵しているのは1匹だけで、雄がどのメダカかはもちろんわかりません。雄雌を調べてもいませんでしたから(購入時から雌雄入るはずなんです)。先日書いていましたが、親メダカを選別して採卵するのではなく、水槽ごとの品種を採卵したいと考えています。

改良メダカの繁殖を目指すにはどうする方法がいいだろう。

気温はまだ16℃ですが、日中が30℃になるという予報ですから人は大変です。さて気温や水温が連日高いということをお伝えしていると、肝心なことが後回しになってしまいました。水温が高いと産卵も活発になるだろうということがメインで書きたいことです。

グリーンウォーター化(緑の濁り水)にしない方法を考えてみた。

先日から、温かいというより暑い日が続いています。来週にかけての予報ですが、週末は30℃と出ています。5月の天候としては異常ですね。こうして晴れた天気が続くと、飼育水がグリーンウォーター化してしまいがちです。そうならないためには、どんな対策が必要なのだろう。

楊貴妃・紅帝メダカの屋外水槽で、産卵がありました。

昨日の夕方のことです。屋外の発泡スチロール水槽で楊貴妃・紅帝メダカが、自作の卵トリーナに産卵していました。他の屋外水槽にも、卵トリーナを入れています。水温は高いといっても、朝方は10~15℃なので、産卵にはちょっと厳しいかなと感じています。

メダカ水槽の後景水草を「水生植物の土」で植え替えしました。

昨日実施する予定だった、水草の植え替え・手入れ作業を、今日行いました。昨日の強風のせいで、写真のように倒れてしまい、鉢から浮いてしまっています。鉢の中に入れていた土は硬質焼玉土で、水草をしっかり固定できないようでした。

長崎のイベント「長崎に改良メダカがやってくる」が開催されます。

メダ友のガンバさんから、長崎のイベントがあるので拡散して欲しいと案内がありました。こんなつたないブログに掲載するのも気が引けるのですが、少しでも役に立てればと思っています。長崎にもっとメダカ愛好家を増やそうという心意気が嬉しいですね。

屋外のグリーンウォーター水槽をリセットしてビオトープに。

先日から、陽のよく当たるプラスチック水槽が緑色のグリーンウォーター化してきています。立ち上げてから、メダカを投入すると数日で緑色に水質が変化しました。玄関に設置しているので、ビオトープ水槽として綺麗にメダカを眺めたいというのが率直な気持ちです。

メダカの水槽移動。移動したメダカと水槽の様子を見てみよう。

水温の高くなった季節なので、新しく水槽を立ち上げたりメダカを他の水槽へ移動したりしています。もっと水温の低い時期に、一度移動を実施したりしましたが問題はありませんでした。しかし、安心して実施できるのはこれからでしょうね。メダカ移動の理由は、「屋内から屋外へ」「グリーンウォーターの飼育水になったため」「メダカ品種の整理」の3点です。

屋外のグリーンウォーター水槽をリセットしてビオトープにしたい。

屋外のプラスチック水槽が、日がよく当たることもあり、飼育水がグリーンウォーターになっています。なんとか透きとおったビオトープ水槽にしようと、水草を多くしたり水替えも頻繁に行ったんですが変わりませんでした。同じく陽当たりの睡蓮鉢の水槽が、綺麗に透きとおっているので不思議なんです。

メダカの卵が孵化しました。

玄関に設置していた30㎝キューブ水槽を撤去してから、4匹の稚魚をタッパで飼育しています。水温は15℃くらいですが、元気に育っています。いずれは屋外への移動となりますが、もうしばらくこのまま飼育です。その稚魚のタッパの横に、透明な容器に屋内水槽で産卵された卵が入っています。先ほどの稚魚たちの、後で採卵した卵です。

屋外のメダカ水槽をグリーンウォーターにしたくない。

朝から水温もそこそこ高く(13℃くらい)、メダカにとっては過ごしやすい朝と思われます。各水槽のメダカたちも、若干活気がありますね。しかし、写真を見ていただくとわかると思いますが、上の2枚は緑色に濁って(たぶんグリーンウォーター化しているのかも)います。

暑い1日でしたが、メダカたちにとってはよい天候でした。

今日は、暑い1日でした。我が地方も夏日のような暑さでしたが、皆様の地域はどうでしたか?朝の水温は12℃くらいで、日中との温度差はありますが、2日ほど前と比べるとまだマシでしたね。なんといっても、最低水温が高くないと困ります(差のありすぎも大変ですが・・・)。これからも、それなりの天気が予報されています。早く安定した天候になってくれることを臨んでいます

朝と日中の温度差(気温・水温)が大きいのでメダカにストレスが・・

昨日(5月8日)の水槽の様子です。今朝、6時頃に水温を測りました。6℃~7℃くらいでした。左はプラスチック水槽、右が発泡スチロールの水槽の温度です。最低気温が10℃なので、低い水温になりました。気温は午後になり、20℃を超え22℃くらいあります。