ジージのメダカ飼育記

趣味のメダカ飼育で、日頃気づいたことを書いています。

ブログ

冬に備え、ヤマトヌマエビを保護するつもりが、消えてしまいました。

以前に水槽内に緑網が繁殖したので、ヤマトヌマエビを投入していました。5匹を購入し、水合わせを行ってから投入したんですが、投入直後に数を確認したんですが4匹しか見つけられなかったんです。でも、底砂がピュアブラックでしたので水槽内を眺めても4匹しか見当たらないのも、見えにくいからと思っていました。ところが数日してから再度確認したのですが、どうしても4匹しかいないんです。

投げ込みフィルターを屋内稚魚水槽に設置しました。

昨日、予告(?)なのかな・・・烏城三色メダカの稚魚水槽にエアレーションをブクブク(投げ込みフィルター)にしました。どうせエアレーションをするなら、フイルター付きのエアレーションの方が、水質浄化にもよいかなと考えたわけです。昨年から使っていたものは、汚れがひどく新しく購入しました。

屋内のメダカ稚魚水槽に、投げ込みフィルターがいいですね。

昨日、玄関先にある屋内の稚魚水槽(烏城三色メダカの稚魚が5匹なんです)ですが、ヒーターとエアレーションをしています。基本的に、これでいいと思っていたのですが「ん、投げ込みフィルターがあったよねー」と思い出しました。ストーンによるエアレーションより、投げ込み式フィルター(俗にいうブクブクです)の方が水質浄化にも心強いでしょうね。

屋内に設置した烏城三色メダカの稚魚水槽の整備は万全かな?

今日の最高気温は15℃でした。しかし、朝方9時過ぎですが屋内の稚魚水槽の水温が、そこそこ高かったのは嬉しかったですね。18℃あったのには驚きでした。今日は、この屋内水槽を整備しようと思い立ったわけです。

日当たりの良い水槽と屋内稚魚水槽にミナミヌマエビを入れました。

最近よい天気が続いています。ただ、朝昼の寒暖の差が大きいと前にも書きました。今朝の日の出前の水温です(最低気温は5℃です)が、屋外の日陰水槽では6℃ほどでした。右は、玄関にある屋内水槽の温度です。他の水槽は確認していませんが、同様に低いと思います。

日陰のメダカ水槽の水温が低いです。餌の与え方はどうすれば良いの?

よい天気が最近続いています。ただ朝と日中の温度差が大きく、屋内にいてもストーブが欲しい気持ちになります。何しろ最低気温が6℃で、最高気温が18℃ですからこの差は大きいですね。昼頃の陽当たりの水槽の温度は、21℃ほどあります。

まだトンボがいます。繁殖期は終わっているからメダカ水槽は大丈夫?

今日もよい天気に恵まれました。最高気温が18℃とありましたが、体感温度というか日差しがあったので、半袖の人も見受けました。私は年が年ですから、半袖は無理ですが・・・。今日の夕方の散歩時に、トンボが飛翔しているのを見かけました。

たびたびメダカの話題からそれてすみません。私のスマホを紹介です。

メダカは屋外・屋内飼育とも、とりあえず準備がすみました。今後は、各水槽内の生活ぶりを見てそれぞれの対応をしていきたいと思います。そうした内容は、適宜このブログで掲載するつもりでいます。今日は、メダカ話題からはずれた内容です。

屋内ガラス水槽の稚魚メダカは元気で泳いでいるのですが・・・。

夕方から小雨が少し降ったんですが、概ね晴れた1日でした。最高気温が20℃と、過ごしやすい日でした。グリーンウォーター飼育していた稚魚たちも、全てそれぞれの水槽に移動しました。先日から心配しているのが、屋内での飼育(30㎝キューブ水槽)を始めた烏城三色メダカの稚魚です。

小さいメダカ稚魚に与える餌を、どれがよいのか考えてみよう。

先日から、屋外でグリーンウォーターでの飼育は無くなりました。屋外の透きとおった水槽は、全く環境が違うので戸惑うと思うのですが、今までと違う餌(まこっぺメダカランド特注)でも食いついています。メダカ稚魚の成長度合いによって、餌への食いつきが違うのかなと悩んでいました。

今年の稚魚はグリーンウォーターで飼育。移動したら餌は何を?

グリーンウォーターで今年の早生まれはもちろん、最終的に遅生まれの烏城三色メダカも稚魚も屋内ですが、グリーンウォーターでの飼育は止めました。これで、我が家の稚魚水槽(グリーンウォーター飼育水で育てていたんです)は全て、屋外屋内ともグリーンウォーターとはおさらばしたんです。最終的なのは昨日の、烏城三色メダカの稚魚の屋内水槽移動です。

烏城三色メダカ稚魚を、グリーンウォーター水槽から屋内水槽に移動。

今日は朝からグズついた1日でした。強くは降らないのですが、小雨が降ったり止んだり・・・。今週は、ある程度よい天気が続きそうな予報なんですが、最後の屋外稚魚水槽が1つだけ残っていたんです。そこで、残っていた最後のグリーンウォーター飼育していた、烏城三色メダカの稚魚を屋内の水槽に移動しました。

グリーンウォーター飼育の稚魚を、透きとおった飼育水で飼育する。

ここ最近は、8月末までに孵化した稚魚をグリーンウォーター水槽から、透きとおった飼育水に移動しています。稚魚メダカの冬越しを屋外でしたいと思い、発泡スチロール水槽に移しているわけです。新しく立ち上げた水槽や、親水槽への移動を5品種行いました。

パイロットフィッシュのMIXメダカを、発泡スチロール水槽に移動。

朝からグズついた天気です。小雨になったときを見計らって、パイロットフィッシュとして活躍していたメダカを、他のMIXメダカと合流させました。新しい38L発泡スチロール水槽に、稚魚を移動させるために移動させたわけです。

メダカ水槽の緑藻退治にミナミヌマエビを。稚魚を親水槽に移動です。

今日は朝から雨です。気温が18℃ですが、水温は17℃でした。このあとの天気予報では、週明けまで晴れた日が少なそうです。昨日、ミナミヌマエビの投入と、2品種の稚魚を親水槽に移動しました。天気予報を見る限りは、昨日実施して良かったのではないかと思っています。

秋の夜長、読書の秋、アクアライフ11月号を読んでメダカを楽しむ。

2日前に購入したAQUA LIFE(アクアライフ)の11月号。とっくに購入した方も、多いのではないかと思います。私はいつも眺めているのですが、久しぶりに本屋さんに行ったものですから・・・。内容的には、観賞魚全般についてだと思いますが、メダカについて多く掲載してあると購入しています。