今日は良い天気です。メダカ水槽の陽当たり具合を調べてみました。

先日からの予報では、天候のよい日がなさそうでガッカリしていました。

しかし、予報とはうって変わってとても良い天気です。

こんな日は当然陽が射すまでは、水温は上がらず屋外のメダカには苦痛かも知れません。

やはり思ったとおりで、玄関前(こちらは長く日が射しますが、今の時間帯は軒下の水槽と同様です)も軒下も、ご覧のように低い水温でした。

このあと8時頃から、玄関先の水槽は日が射し水温が上昇します。

ちなみに、メダカは底の方でにジッとしています。

下はそのときの動画ですがあまり動きは見られません。

sponsord link

 

玄関先にある水槽は、早く陽が当たるので徐々に動きが活発になってきます。

10時半くらいの時間で、水温が16℃越えですからね。

ちなみに12時近くには、20℃近くになっています。

1時30分には20℃越えでした。

 

玄関先の水槽に比べ軒下の方は、2時間以上の遅れで陽が差し始めます。

しばらくして黒い水槽にも陽が差し始めますが、この間約1時間ほど差があります。

なんとか黒い水槽全体に日が射してきました。

当然ですが、早くから陽が当たっている白い水槽は、黒い水槽より若干長く当たっていることになりますね。

ご覧のようにしっかり陽が当たって、メダカたちも水面近くに浮いてきている水槽もあります。

しかし、水温がそんなに高くないので、品種によっては浮かんでこないメダカもいます。

 

sponsord link



 

1時半前には、陽射しが当たらなくなります。

もう少し長く、陽が射してくれればと思うのですが・・・。

そのかわり、夏には逆転しているから、メダカにとっては相子でしょうか。

 

玄関先にある水槽は、晴れていれば8時頃から17時頃まで陽が射します。

かたや軒下は、今の季節では4時間ほどの日照時間ですね。

もう少し長く陽が射してくれればと思うのですが、この場所から動かせないので仕方が無いことです。

メダカに我慢してもらうしかないです(夏は条件が逆だよって)。

 

今日は日曜日で晴れていたこともあり、孫の迎え等々が無かったことので、細かく調べてみました。

軒下の3時間というのはちょっと少ないと思うのですが・・・。

でも、メダカにとって最近の暖冬を考えると、これでも助かっているとのかも知れませんね。

 

可哀想なのは、一番奥に設置した黒い水槽です。

何しろ同じ軒下でも、隣の白い水槽より1時間近く少ない(約3時間)日照になります。

水槽自体は同じ発泡スチロールですが、黒い発泡スチロールなので保温効果が高いだろうと考えています。

素人考えですが・・・。

sponsord link
go-to-top