メダカ飼育をしなくっちゃいけないのに、旧友から誘われ麻雀です。

毎月1回から1ヶ月半で1回のペースで、退職仲間と麻雀を楽しんでいます。

土・日のいずれかなので、私個人としてはあまり負担になっていないというか妻にお願い(メダカ飼育)しています。

妻は、メダカ自体の世話は、ほとんどすることがなく愛犬の世話がメインですね。

でも、雨天時には対応をお願いしています。

sponsord link

 

いつも麻雀に出かける前に、一通りの世話をしていきます。

出かける前に保温用のカバーを外したり、屋内の稚魚水槽に給餌したりとそれなりのことは一通り負担をかけないようにしていきます。

今のところ経験はしていませんが、雨がひどい場合はカバーの半掛は教えてあります。

 

今日は帰宅が午後8時と若干遅くなったのですが、そのあと蓋を掛けました。

天気予報ではこのあともあまり変化は無いようですが、関東地方には降雪があったようですね。

関東地方の飼育している方は、それなりに大変でしょうね。

お察しします(関東地方からの購入が多いものですから、心配です)。

 

冬のこの時期は、メダカの話題も下火になりがちですね。

でも私個人としては、こうした作業の少ないときこそ知識を仕入れるときだと思っています。

今まで少ない飼育の経験なのですが、真冬や真夏の経験をしてきて感じることは結構たくさんあります。

このブログで、そうしたことを書き込んでいるつもりですが、まだまだ私自身が気づいていないこともたくさんありそうです。

 

病気のメダカをどう見分けるのかとか、そうしたメダカが出現した場合の対処法はどうするのか。

とくに屋外で飼育している場合は、なかなか上見では見つけることができないのが現状ですね。

飼育槽の近くで、しばらくジッと観察しているのですが、なかなか思うように見つけることができません。

といいつつも最近では、そうした不調なメダカがいないこともあって、それなりに嬉しいのですが・・・。

 

sponsord link





 

ちょっと不安なのが、暖冬で十分な冬眠ができていない状況です、

なので、果たして春には寒さに耐えた力強いメダカになっているのかが心配なのですが、そこは自然界頼みですよね。

私が悩んだところで、この環境は変えられないことですから。

 

自分が楽しんできて、メダカに負担をかけるのだけは避けたいと気をつけています。

ただ、どうしようもないこと自体がありますから。

今日は麻雀で、ちょっとメダカにストレスを与えたかも知れません。

その他に心配なのは、私が病気等で世話が出来なくなるといったことがいつ起こるとも限りません。

やはり、最低限の飼育法は家族に協力を願うしかないですね(興味のないものに、お願いはすごく大変なことですが)。

sponsord link
go-to-top