新年2日目。暖冬と言っても気温・水温は低く、メダカの活性は鈍い。

降雪はないものの、曇ったり小雨が降ったりと気温・水温の低い日が続いています。

予報では、10℃をやや下まわる日が多いようです。

もちろん、水温もそれに伴い低いでしょう。

今朝8時の水温は5.5℃(最低気温が3℃)と低いですが、例年から見れば助かります。

 

sponsord link

 

昼には短時間に、陽が射したり雨が降ったりと小刻みに繰り返しています。

しかし、水温はほとんど上昇(2~3℃)していません。

今日は、水足しも給餌もしないつもりでいます。

 

今朝蓋を外したときの、各水槽のメダカの様子です。

ほとんどが、底の方で静かにしていますね。

とくに異常がないので、安心しているのですが・・・。

餌に飛びついてくる活発な状態や、元気に泳ぎ回る様子が見られないのは寂しい限りです。

3月まではこうした状態が続くでしょうし、もうしばらくするともっと寒くなるでしょうから大変です。

なんとか全てのメダカが、越冬してくれないものかと毎日願っています。

 

午後から水槽内のメダカの様子を、動画撮影しました。

先にも書きましたが、水温が低いままなのでほとんど動きが見られず、寂しい動画になりました。

 

sponsord link





 

屋外の水槽はほとんどすることが無いので、ついつい屋内の水槽を観察することになってしまいます。

少しずつ水槽内面に、緑藻がはびこってきています。

また、スネール貝が多くなってきています。

手で1匹ずつ取り去っていますが、以前にも書いていましたようにスネールキラーを投入する気持ちはありません。

屋外の作業が少なくなっていますから、これくらいは頑張らないといけませんね。

sponsord link
go-to-top