昼の気温および水温が上がらない。メダカも活性が低いです。

今日は最高気温が10℃で晴れ間がありながら、気温・水温が上がらない1日でした。

朝8時頃の気温は計測しなかったんですが、5~6℃くらいと思われます。

8時頃に水槽の蓋を外したのですが、太陽が顔を出したばかり(山があるので遅いのです)で陽は射していません。

ですから、玄関前も軒下もよく似た水温です。

sponsord link

 

各水槽全ての蓋を、開けてやりました。

当然ながらかなり低い水温ですから、どの水槽もメダカたちは底で静かにしています。

今朝は外気温より水温が低かったので、なおさらですね。

よくあるのは、防寒用に蓋をしていてそれを開けたときに、水温より外気温が低いときがあります。

気温・水温の関係はいろいろ天候条件で変化するので、仕方がないところの自然現象ですから、太刀打ちできません。

せめて蓋を遅め(外気温の上昇を待って)に開けることしかできないのですが、今度は昼夜のリズムが取りにくいですよね。

結構悩んでいますが、今のところ晴れた日は、山の稜線上から太陽が顔を出してからしばらくして開けるようにしています。

ですから、現在は8時過ぎになります。

閉めるのは、午後5時過ぎです。

降雪日が多くなったりすると、再度悩むんですが・・・。

そのあたりの判断は、その日の状況によって考えていくしかないように思っています。

 

陽が照り始めた午前10時過ぎですが、若干水温は上がったんですがあまり変わりがありません。

とくに軒下の水槽は、10℃を超えないんです。

陽が当たっているにもかかわらず、メダカの動きは悪いですね。

陽が当たっても、ほとんどのメダカは底で固まりジッとしています。

上の段の右は、黄金黒燐ヒカリメダカの稚魚ですが、このメダカたちは冷たいにもかかわらず若干他のメダカより動きが良いです。

結局軒下の水槽は、陽が当たっても10℃以上になることがなかったので、給餌はしませんでした。

陽当たりの長い水槽は13~4℃になっていたので、給餌しました。

でも、いつもより量は少ないです(2/3程でしょうか)。

これからはもっと少なくなり、給餌しないことになると思います。

 

sponsord link





 

朝の蓋を開けたときの、メダカの様子を動画にしました。

大体ですが何故か底に集まって、静かにしているんですよね。

私を敵と思って、集団で警戒しているのでしょうか。

 

今日は、とにかく寒い日でした。

これからもこういった日がズーッと続くと思うと、全く楽しくありませんね。

屋内の烏城三色メダカの稚魚で、楽しむしかないですね。

sponsord link
go-to-top