奥内飼育をしている稚魚(烏城三色メダカ)を、お椀で撮影です。

昨日は、最近にない暖かい日でした。

予定では、水草に付着しているアオミドロを手動で取り除くつもりだったのですが、時間がとれずできませんでした。

そうした作業をブログにしようと考えていたのですが、作業はしなかったのでブログも1日開いてしまいました(残念)。

今日は朝から雨で、昨日の気温と比べるとやや低く、外気温が6℃水温は10℃でした。

14時のときで外気温が6℃で、蓋を外した朝方から外気温はあまり変化はあまりありません。


13:00頃の水温です。

sponsord link

 

作業内容が無くなり、しかも雨天で水温が10℃および軒下の水槽の水温は8.5℃ということで、給餌もしていません。

そこで考えついたのが、屋内水槽で飼育している、烏城三色メダカの稚魚の撮影です。

5匹しかいませんので全てを掬って、お椀で上見撮影をしようと思ったわけです。

 

30㎝キューブ水槽でそんなに大きくないのですが、とんでもなく逃げ足が鋭いんです。

水草やブクブクおよびヒーターが邪魔をして、うまく掬うことができないんです。

なんとか一苦労をして5匹とも掬いましたが、メダカ自体にかなりのストレスを与えたかも知れません。

 

撮影は一眼レフでと考えましたが、ちょっと準備が大変なのでスマートフォンで行いました。

このスマートフォンの撮影機能もとても良いので、一眼レフに近いものが取れるかなと思いました。

実際に数枚撮りましたが、果たしてどうした写りになっているのか、まだ見ていないんです。

これから、良いものを選択してトリミングのみを行い、掲載したいと思います。

一眼レフでの撮影も下手なんですが、スマホでもやはりうまく撮れていません(申し訳ありません)。

ただ烏城三色メダカの特長が、よくわかる写真になりました。

 

上見用の黒い器もあったのですが、やや茶色のお椀で撮影しました。

お椀の中が暗かったので、フラッシュを使用しています。

白飛びしているのでガッカリです。

sponsord link
go-to-top