天気予報のとおり暖かい日だったので、陽当たりのメダカに給餌です。

先週は寒い日が続き、防寒対策として蓋を掛けているのですが、今日は予報どおりよい天候でした。

しかし、朝は冷え込みが強く8時過ぎに水槽の蓋を取ったのですが、他の容器には氷が張っていました。

 真ん中より上の方に、見えずらいですが薄氷のラインが見えます。

何しろ外気温が4℃でしたから・・・。

 

蓋を取ったときの水槽の水温は5.5℃でした。

蓋のおかげでしょうか、氷が張らずにいるのは。

蓋を掛ける労力も、こうしてメダカの役に立っていると思えば頑張れるということですね。

sponsord link

 

蓋を外した水槽のメダカたちは、底の方で動きがあまりありません。

左は幹之フルボディで、右は極龍です。極龍は近づくと物陰に隠れます。

左は紅帝メダカで、右は紅薊メダカです。

 

今日の昼は外気温は最高13℃ほどだったのですが、陽が射した分体感的には暖かく感じました。

10時過ぎから陽が差し始め、日当たりのよいところに設置した水槽(80Lが2槽)は、12時過ぎには水温が15℃ほどになりました。

水面に上がってきていたので、久しぶりに給餌しました。

今年生まれの紅薊メダカですが、元気がよいですね。

食べ終わったあとの様子ですが、水面に上がってきて気持ちよく游いでいます。ちょっと過密気味ですが・・・。

 

sponsord link





 

軒下のわずかしか陽が当たらない水槽は、1日中10℃に届かず餌を与えませんでした。

この状況では、給餌しないままになりそうですが、明日・明後日は気温が17~18℃になりそうなので給餌のチャンスですね。

 

日が落ち始めると、一気に気温が下がります。

すぐに蓋をして、保温に努めました。

 

相変わらず屋内の水槽の烏城三色メダカの稚魚は、何も問題になることもなく、順調に成長しているようです。

今日が少しですが、水替えを行いました、

その後の様子です。

sponsord link
go-to-top