最近よい天気が続いています。

ただ、朝昼の寒暖の差が大きいと前にも書きました。

今朝の日の出前の水温です(最低気温は5℃です)が、屋外の日陰水槽では6℃ほどでした。

右は、玄関にある屋内水槽の温度です。

他の水槽は確認していませんが、同様に低いと思います。

sponsord link

 

夕方の水温も載せておきます。温度計ばかりの写真ばかりでごめんなさい。

水温の差もありますが、日光の当たる玄関横の発泡スチロール水槽と玄関内の烏城三色メダカの稚魚水槽が、グリーンウォーター化しているようです。

グリーンウォーターとして飼育するのは全く問題ないのですが、日頃からの考えで、透きとおった水槽での飼育がいいと考えている飼育者です。

ということで、ミナミヌマエビを各水槽に投入しました。

 

日頃から話しているように、仕事率から考えるとヤマトヌマエビが良いんですが、稚魚が小さいことでミナミヌマエビにしています。

ヤマトヌマエビに、捕食されると最悪ですからね。

苔を綺麗にする能力は、ヤマトヌマエビの方が断然良いのですが・・・(メダカが捕食されては本末転倒ですから)。

 

いつも通っているショップでの購入でしたが、仕入れたばかりということで仕入れた袋から直接購入しました。

家に帰ると、残念ながら1匹が★になっていました。

ショップの生け簀に入れてから、私の手元に手に入るのは時間がかかる関係上、直接の購入だったわけです。

 

温度合わせ・水合わせと、いつもどおりの手順で夕方投入しました。

最近は日の暮れるのも早い関係で、ミナミヌマエビが無事水槽に入ったのかは、屋外水槽では確認できませんでした。

明日には、しっかり様子を見たいと思っています。

 

屋内の30㎝キューブ水槽には5匹のミナミヌマエビを投入しました。

けれど水草の影にでも隠れたのか照明で明るいのですが、どこにいるのか見渡しても1~2匹の確認ができたのみです。

濁りもあるので、確認しにくということもあるのですが。

 

ミナミヌマエビの、投入するまでの写真です。

わかりにくい写真ですね。

先に書いたように夕方投入しました。

ミナミヌマエビが、どこにいるのかわからないですね。

落ち着いた明日に、それぞれの水槽を確認したいと思っています。

 

sponsord link






 

屋外水槽に入れたミナミヌマエビには、厳しい冬が待っているので辛いと思います。

屋内の水槽に入ったミナミヌマエビは、それなりに環境はマシだと思いますが、メダカ同様しっかり飼育したいですね。

 

給餌は、今日から1日1回にしました。

状況によっては変更するかも知れませんが、今日のような天候も少なくなってくると思いますので、継続ですね。

sponsord link