今日は予報では午後から天気が崩れそうということでした。

ということで、あまり冷え込みの無い朝でした。

水温も7時頃で、10~12℃くらいでした。

もちろん低いのは、軒下の水槽ですね。

sponsord link

午前中は晴れ間もあり、日差しもそこそこありました。

屋内の玄関そばの水槽も、それなりに水温は低くは無かったですね。

昼にはメダカたちの活性も高く、2回の給餌でした。

軒下の水槽は、1回の給餌と足し水だけでした。

もっと世話をしたいのですが、お節介が害になったりしたら困りますね。

 

案の定、夕方には雨模様となり午後9時頃は本格的な雨模様です。

その前に水槽に蓋を被せることができたので、我ながらちゃんとした処置ができたと満足しています。

風がないので、軒下水槽への被害は少ないものと思っています。

 

屋内の30㎝キューブ稚魚水槽ですが、アナカリスを植え込み水槽らしくなりました。

それと同時に、水槽の効果だと思いますが濁りが少なくなったように感じます。

濁りが無くならないときには、2枚貝とかミナミヌマエビの投入も考えていたのですが、今のところ大丈夫そうです。

 

30㎝キューブ水槽の内壁に、茶色い苔が繁殖し始めたら要注意です。

明らかに、富栄養の飼育水ということになります。

私の飼育状況を考えると、富栄養になってもいいので烏城三色メダカの稚魚が早く大きくなって欲しいんです。

もちろん水質悪化は覚悟をしていますので、水槽内面の茶苔の掃除や飼育水の入れ替えも視野に入れて飼育しています。

 

毎日観察していると、なかなか成長具合が把握できませんね。

しばらく見ないで、気づくと大きくなっているというのが心の安定でしょうか。

そうはいっても、手抜きは禁物ですから・・・。

 

屋内の小さな稚魚に、結構手がかかります。

これがないと結構寂しいメダカ飼育になると思われるので、1槽だけですがすぐ近くで見られるので楽しいですね。

 

sponsord link





 

今までは、屋内の稚魚水槽を経験してきましたが、ヒーターを入れフィルターも簡素なものですが利用してきました。

今回は、何も手を打たないで飼育しようと考えています。

でも、5匹の烏城三色メダカが★になったら困るので、状況によってはしっかり管理していきたいと考えています。

 

烏城三色メダカの稚魚の成長具合と、水温の低下等の環境が、バランス良くなれば良いのですが、それらが今後の飼育に影響してきそうです。

前にも書きましたが、こうして1槽でも屋内にあると楽しさ倍増ですね。

飼育はもちろんのこと、鑑賞しているのも楽しいです。

sponsord link