朝から雨の天気でした。

そんなに強い降りではなかったので、稚魚水槽だけカバーを掛けていました。
今日は晴れているので、写真に撮りました。

しかし、夜になってから雨足が強くなりビックリしました。

sponsord link

 

軒下(ベランダ下)の発泡スチロール水槽は、風が強いときは水槽内に雨が吹き込むので要注意です。

昨日の夜は風は無かったのですが、何しろ降り方がすごかったのです。

ベランダに降った雨は、いつもは水槽内に落ちてこないのですが、あまりの凄い降り方に隙間からドンドン水槽内に落ちてくるんです。

いつも一番手前の水槽のみに落ちてくるのは確認していたので、そこはカバーを掛けて対応していたのです。

雨足が強くなってきたなと感じたので水槽を見に行くと、ほとんどの水槽に雨水が入ってきています。

 

これは対応が遅れたな(こうならないように気をつけていたのに)と思い、全てに蓋を掛けました。
こちらも、今朝撮った写真です。

雨が水槽内に入ったことにより、メダカが★になることを経験しているのに何度も失敗しているんです。

ベランダからたくさんの雨水が漏れて、水槽内に入るのは初現象だったから仕方が無いにしても・・・。

 

今朝になって蓋を外してメダカの確認をしましたが、幸いにも★になっているメダカはいませんでした。

とくに、稚魚槽(グリーンウォーター飼育)から、親水槽に移動させたのが一昨日ですから、なおさら心配だったのです。

 

sponsord link





雨の混入によって、水温が急激に2~3℃低くなるとメダカにとってはストレスになってしまいます。

急激な温度変化によって、体力の無いメダカは★になる可能性があります。

今回はよく耐えてくれたと、喜んでいる次第です。

また酸性化しているかも知れませんから、明日にでも水替えを実施しようと思います。

 

稚魚槽にかけている透きとおったパネルを、軒下にも準備をしておこうと思いました。

1枚100円台で購入できるんですから、あと2枚買おうかな。

sponsord link