今日は用事で出かけたついでに、DIYショップで発泡スチロール38.8Lを3箱購入しました。

今まで、32Lと表示した発泡スチロールは容量間違いで、38.8L(38Lと表示しますね)が正しいものです。

大型の発泡スチロールは正確には81.3Lなんですが、81Lとこれからは表示したいと思います。

早くからきちんとしなくてはいけなかったのに、いい加減な性格がこうしたことになってしまいました(申し訳ありませんでした)。

sponsord link

 

今まで、プラスチックのタライを水槽として使っていたものを、単純に飼育水ごと入れ替えました。

昨年も、発泡スチロールで冬越しをしたので、環境的には大丈夫と思っています。

今日購入した発泡スチロールの容量も32Lではなく、38Lですからタライ水槽の36Lより多いんですよね。

間違っていたと気づいたら、なおさら安心感が増しました(とにかく容量の大きいのがいいんです)。

あとは私の腕にかかっているんですよね、越冬は。

 

3つのタライ水槽を、購入した発泡スチロールに単純に入れ替えるだけでしたが、とても疲れました。

いつもより気温が約23℃と高く、水温も陽当たり状態で28℃と久しぶりに高かったんです。

ですからメダカにとっては、活性も上がっていることもありストレスが少なかったと思います。

昨日までは20℃以下の気候でしたから、今日の作業か過酷(大袈裟ですね)でした。

途中2回の休憩を入れ、なおかつ休みながら作業をしていたんですが、ギックリ腰になるかと思うくらい負担が来ていました。

 

今日を逃すと晴れた日も少なく、とにかく3つの水槽を入れ替えようと頑張ったわけです。

初めは丁寧でしたが、腰が痛くなりだんだんいい加減になってきたようです。

濁らないように、小さな発泡スチロールの蓋を入れて水を追加しています。

2つめの水槽は、濁らないようにとの気持ちよりも、早くしなくっちゃの方が先になっていましたね。

何しろ、腰がズキズキしてくるんですから・・・(年です!!)。

3つめは家で休憩してから行ったので、濁りも少なくすみました。

 

sponsord link






簡単な作業なんですが、水槽の飼育水が他の水槽の飼育水と混じらないようにと、気をつけることが大切で気を使いました。

溜置きの水(カルキの抜いた)で、容器やケースを洗いながらでしたから、結構面倒くさかったですね。

これに新しくメダカを放流するとなると、水合わせやらとまだ作業が続くんですから、今日は入れ替えだけでしたから助かりました。

3つのタライの水槽から、無事発泡スチロールの水槽に交換ができました。

ご覧のように真ん中(2つめの作業です)の濁りがひどいですね。

ようやく冬の準備の、8割ほどが終了した感じです。

プラスチックのタライは、来年使うようによく洗ってしまっておきます。

sponsord link