台風19号前のよい天気。

今後は10月15日(土)には上陸しそうですし、被害も大きそうな感じですね。

金曜日(14日)には台風対策(雨や風)するようにしないといけませんね。

sponsord link

 

先日から、大型(80L)の発泡スチロール水槽の水浸み対策を、いろいろしているのですがうまくいきません。

近くのDIYショップで聞いたのですが・・・。

目的を伝えたら「専門外で対応はできません」という冷たい言葉。確かに目的は特殊ですから・・・。

 

ということで、発泡スチロール内にポリ袋を入れることはひとまず置いといて・・・

今日注文していた水性ペンキ(白)が届いたので、さっそく発泡スチロール内を塗りつぶしました。

1本の購入でもよいかなとも考えたのですが、足りなかったらどうしようと思い2本購入しました。

案の定、1度の吹きつけでは薄かったので2~3回の重ね塗り(吹きつけですが)をしました。

1本では足りず、1本と1/3本を使った感じです。

乾くのに、晴れてる日は1~2時間とのことですが安全を考え、できる限り長く乾燥させようと思っています。

夕方には水を入れて、水は染み出るかどうかを明日には確認できるので、ドキドキしながら待ちます。

 

発泡スチロールの中で飼育していたオロチメダカのタライ水槽を、取り出し避難しています。
 

 

sponsord link






以前にも書いていたのですが、発泡スチロールを塗装しても水圧で塗装の膜が破れるかもしれないということです。

塗装していない場合ですが、32Lの同様のタイプ(野菜・果物保存用発泡スチロール)では、水は浸みていませんでした。

80Lにしたために、起こった水染みです。

ですから、如何に80Lの水圧が強いかということで、この塗装についてもあまり期待はしていないんです。

期待しているのは、水が染み出る目に見えない穴に、塗料が詰まってくれることです。

そうなることによって、水が染み出ないのではないかという素人考えです。

 

今日、水を入れて試してみるのですが、結果は、明日のこのブログに追記という形で掲載します。

興味のある方は、訪れてみてください。

結果によっては、今後大きな発泡スチロールを、購入しないことが1番ではないかと考えいます。

 

追記(10月11日)

今朝9時に満杯にしました。

残念ながら、6時間後には少しですが浸みてきていました(涙)。

見えにくいですが、玉状のものが水です。

初めのときよりも、もちろん浸み方は少ないのですが使用は止めようと思います。

使い道としては、タライ水槽を囲むようにして、保温材として使いたいと考えています。

無駄な費用と手間をかけましたが、よくわかったので「良し」と納得します。

sponsord link