週末は、台風19号(すごく勢力が強いようですね)の影響で、荒れた天候になりそうな日本列島。

メダカをしていて、天候の変化に敏感になりました。

風の影響でものが飛ばないようにとか、雨で水質変化(とくに温度や酸性化)するのが嫌ですね。

日陰の水温は20℃まで届いていません。日中の陽当たりの水温はは30℃を超えていました(スダレで囲いました)。 日陰の水温です。

sponsord link

 

今日は全国的によい天気のようで、水草の手入れや水槽の掃除をしました(日陰の水温は低いのですが)。

タライの水槽を中心に、スポンジで壁の壁面に付いた苔を落としてやりました。

今年の春生まれの黄金黒燐ヒカリメダカを入れている水槽です。

結構汚れていました(水は綺麗なんですが、壁面が緑色でした)。

ついでに汚れた飼育水を、半分交換しました。

 

同じくタライ水槽に入っているパイロットフィッシュも掃除と水の入れ替えをしました。

こちらは匹数が少ないので、水も壁面もあまり汚れていなかったのですが、ついでにやっちゃいました。

綺麗になったので気持ちがよいですが、どの稚魚をパイロットフィッシュと入れ替えるか思案中です。

 

こうした作業をしているときに驚くのは、水草のすごい繁殖力です。

ドワーフアマゾンフロッグビットを5株購入しましたが、1ヶ月半ですごく増えました。

ご覧のように、5株がこのとおりです。

日陰の軒下の水槽なのですが、こんなに増えるとは考えていませんでした。

アマゾンフロッグビットが増えすぎて、メダカの様子や水槽内の状況が、よく観察できなくなっています。

 

これでは困りますので、今日は少し省いてやりました。

省いた量はこれだけです。

欲しい方がいたら、あげますよ(もちろん無料です)。お問い合わせ欄からどうぞ。

大きいアマゾンフロッグビットより、根が伸びすぎず扱いやすいです。

寒さに弱いので、何株かを室内で保管ですね。

メダカが、とても見やすくなりました(幹之フルボディです)。

 

 

sponsord link






姫スイレンは先日、葉を剪定しました。

しばらくはこのままいけそうです。

用心のために、冬は室内保管とするつもりです。

 

ホテイアオイ草を数株春に購入したのですが、こちらもドンドン増えるとともに、根が巨大化したので使っていません。

水質浄化のために一時的に利用したのですが、大きな根にメダカが絡まり★になったのが、私のトラウマとなっています。

 

アナカリスは、姫スイレンの入っていない水槽に入れて、水質安定に一役買ってもらっています。

こちらもとても増えるので、メダカの游ぐ隙間がなくなるくらいに繁殖します。

当然そうなると、アナカリスも間引きする必要が出てきます。

こちらも冬は室内で保管ですね。

sponsord link