再びメダカが消えた。誰の仕業かわからないけれど対策を。

昨日は夕方から雨模様、夜半は激しく降るという天気予報。

雨が激しくなる前(まだ明るいんですが)に、雨による被害を減らそうと水槽の半分に蓋がけです。

その前の、4時過ぎに給餌をしました。

そのときには、確かにメダカを確認しています。

朝6時半頃に蓋を外すと、メダカが数匹消えていたんです。

sponsord link

 

給餌したときも写真のように、試しに格子のカバーを掛けていました。

猫の被害とは考えにくいので、鳥ではないかと思っています。

格子のカバーがあっても、関係なく隙間から狙われたのかもしれません。

時間的に考えると、暗くなるとさすがに鳥も活動しにくいと思われるので、4時~6時頃の出来事だったのかもしれません。

給餌から蓋を掛けるまでの間の時間帯ですが、蓋を掛けるときにはメダカの匹数は確認していませんでした。

 

いなくなったのは極龍メダカ2匹、紅メダカ1匹の計3匹です。

なんとか子孫を残しているのですが、極龍メダカについてはとても少ないのです。

メダ友(がんばさん)さんから選別していただき、よいメダカを譲って頂いたこともあり、とても残念なんです。

 

昨日の投稿で、こうした害獣から守るためにはと投稿したばかりなんですが・・・。

その矢先のことで、とてもショックです。

 

窓から外(メダカのいるところ)を眺めたときに、偶然にもトンボのオニヤンマがスーと横切るのを見ました。

あー、早く処置をしなくっちゃと痛切に思ったんです。

 

ベランダからネットを吊り下げようとする考えは、若干大袈裟だなと家内と話し合ったんです。

この軒下がこれ以上の使い道がなくなることを考え、ベランダからのネットで覆うのは止めることにしました。

じゃあ、どうすればといいかなと、メダカのことで家内と始めて話をしましたが、協力的な気持ちには感謝です。

屋内飼育では、ボトボト文句を言っていたんですがね。

 

一つ一つの水槽を囲うのは大変(作るのも大変)なので、金網のネット(六角形の模様)を被せることにしました。

幅90㎝で長さの量り売りでした。1mが500円ほどです(5枚購入したので、結構しました)。

1m50㎝に長さに切ってもらい、水槽の大きさに合わせ(もちろんゆとりを持って、とくに高さ)ました。

 

高さが43㎝×2、幅54㎝で1枚作ってみました。

手作業で網を曲げるのはちょっと大変で、なかなかまっすぐ綺麗にやりにくかったですが、こんなものでしょう。

とりあえず簡易的に作ってみましたが、網の端が1本1本引っかかりやすい状態なので、折り曲げることで直るでしょう。

 

sponsord link






残りのものは加工せず、そのまま被せてみました。

もともと丸めて販売されているので、丸くなる癖が付いています。

その癖が、加工を面倒なものにしています。

そのまま水槽に被せてみましたが、このままでもよいのかもしれませんが、隙間がありすぎですね。

これじゃ、保護の網になっていないような気もします。

 

これからもう少し手を入れて、使いやすく保護の網としての機能を高めねばいけませんね。

時間を見つけて作業します。

 

* 9月6日の朝に、鳥の羽を発見しました。メダカがいなくなった犯人は、鳥のようです。

sponsord link

4
Leave a Reply

avatar
2 Comment threads
2 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
3 Comment authors
しんぺいnoboruほんちゃん Recent comment authors
  Subscribe  
更新通知を受け取る »
ほんちゃん
ゲスト
ほんちゃん

はじめまして。ほんちゃんと言います。私は岩手県でメダカ飼育を趣味として始めて半年の者です。似たような経験、私もあります。どこを探しても見当たらないこと。私の場合は1~2mm角の網目のネット(重しつき)で発泡スチロール内の水面を覆っているので、鳥や猫の被害は考えたことありません。むしろ、水槽の中に何かがいて攻撃しているのかなと思ってました。(意外とスネールが夜にメダカを食べようとしているのかとか)。明らかに夜に突然☆になっていることが多く、結局解らずじまいだったので、とにかく☆にならないように、まずは水質維持を一生懸命行ってます。メダカの飼育ってネットで見ると簡単て書いてる方が多いですけど、私は四苦八苦の連続です。このブログ毎日楽しみにそして参考にしながら拝見し、メダカ飼育にのめりこんでいます。夏の暑さも一息ついてこれから初の冬を迎えるのが楽しみ半分、不安半分です。

しんぺい
ゲスト

ほんちゃんさん。初めまして。
毎日訪れて頂いていただいていることに、とても嬉しく感謝します。

私は今では屋外で、多少なりとも手のかからない飼育をしていますが、以前は屋内でした。
簡単にメダカは飼育できますってありますよね。屋内飼育の場合は、たくさん散財しました。
屋外でもそれなりにかかりますが・・・。

本題ですが、私の場合は隙があったかもと考えますが、ほんちゃんさんの場合は不思議ですね。
夜に★になった場合、スネール(サカマキ貝)が集まり(すごい群がりようで、メダカが見えないくらい)あっという間にメダカは消えてしまいます。
スネールが多い場合はそうしたことも考えられますが、スネールのほとんどいない場合は摩訶不思議です。

岩手県での飼育となればメダカ飼育の北限だと思うのですが、大変な苦労があると存じます。
私も場所は明かしていませんが、雪国ですのでそれなりの苦労はありますが・・・。

お互いにメダカ飼育を楽しみながら、メダカに癒やされていたいですね。
これからもよろしくお願いします。

noboru
ゲスト
noboru

今日は朝から晴れています、幸せ気分です。

「備え有れば、、、」で対策はした方が安心ですね。
網を掛ければパーフェクトです、
格子の網は野鳥やトンボでは防ぎきれません、
水位を下げるか水槽に枠材など置いて格子網を
載せると防げるかも知れません。
内ではプラ船にこの方法(枠材置く)の
水槽では被害は少ないような気がします(ご参考に)。
メダカ飼育は趣味ですから殖えた品種などを秋口に友人や
近所の奥さんなどに200匹以上あげています。
(酸素ボンベを持ってませんので持ち帰りしか出来ません)

しんぺい
ゲスト

こちらもよい天気でした。

午前中に会議があり、とても無駄にしたような気がします(笑)。
年をとると、何か一つを頑張ると次の1歩が辛いんですね。

格子の網では不十分と思い、こうした網にしました。
加工して綺麗に設置したいのですが、さっきも言いましたようにもう今日は元気なしです。
明日にまわします(ここは毎日サンデーの強み?)。

今日は稚魚の写真を、一眼レフで撮影して遊んでみました。
元気があればブログにアップしたいと思います。

増えた稚魚はどうするか悩み中です。
noboruさんのように、近所に分けようかな。

go-to-top