今年の7月にメダ友(がんばさん)さんから頂いた、5品種のメダカが我が家にいます。

残念ながら数匹が★になってしまったのですが、比較的元気に泳いでいます。

烏城三色メダカは3匹のうち1匹が★になり、雌メダカだけになりました。

そのため、産卵してくれることを期待してネットショップから5匹購入しました。

まだ稚魚でしたので、産卵活動は無理なようでしたが、もうしばらくだと思って期待しています。

sponsord link

 

そういう状況でメダカたちは過ごしているのですが、紅帝風雅メダカは5匹いました。

そのうち2匹が、約1ヶ月半の間に★になりました。

これらは、朝に★になっているのを確認しています。

 

しかし、昨日紅帝風雅メダカ2匹を確認しています。

ところが、今朝見ると1匹しか見当たりません。

水草アナカリスにでも隠れているのではと思い、除いてみたのですがどうしても1匹しかいないんです。

 

以前このようなことがあったのですが、スネール貝(サカマキ貝)が結構繁殖していた水槽でした。

★になったメダカに、スネール貝が集まっているのを見つけました。

ですから、メダカがあっという間に、スネールに処理されてしまう現実を見た瞬間でした。

一晩あれば、メダカが消えた状況になっても不思議はない状況でした。

 

今回の消えた状況の水槽には、スネール貝はほとんどいません。

スネール貝によって消えたとは考えにくいんです。

あと考えられる状況とはなんでしょうか。

 

猫の仕業?・・・確かに猫が、このあたりをうろついているのを見たことがあります。

しかし、他の水槽にも同様にメダカが泳いでいます。

その水槽のメダカには、そうした被害はないですし、猫が近くに来た形跡もないんです。

聞いた話では、猫の捕獲能力よりメダカの動きが速いから、気にしなくてもよいということです。

まあ、それを鵜呑みにはしていませんが、猫ではないような気がします。

 

鳥による被害も考えられますね。

とくに近くには、雀がよく現れます。

鳥の糞とかが周りにあれば、それも考えられるのですが、そうした形跡はありません。

 

sponsord link






他にもメダカの飼育水槽は、稚魚水槽を含むと15水槽あります。

でも、紅帝風雅メダカがそうした謎の消え方をしているんです。

紅帝風雅メダカの消えた方が、体調不良で弱っていたためということはないんです。

水槽から飛び出して、外で★になっていることもありません。

どう考えても結論は出ないのですが、原因は必ずあると思います。

 

皆さんは、こうした不思議な経験はないですか?

先に述べたことのうち、該当するものがあるかもしれませんが、とても残念なんです。

紅帝風雅メダカの、採卵ができなかったのも残念でした。

 

夏の夜の不思議でした。

sponsord link