今日は朝から、久しぶりに日差しが射しています。

しかし、気温は27℃と気持ちがよいですが、これから上昇しそうです。

ご覧のように稚魚水槽にも日差しが射し、水温は早くも33℃を超えようとしていえます。
 

この後のことを考え、ヨシズを掛けてやりました。ちょっと安心です。

sponsord link

 

9月には、新しい水槽にメダカを放そうと考えています。

飼育水を入れてから1週間経っています。

その間、雨水が入ったりして落ち着いた水ではないことから時間をとっています。

綺麗で透きとおった水になっていて、底砂の硬質赤玉土がはっきり見えます。

 

今日は、この水槽に入れる水草(ホテイアオイ草)の手入れをしました。

他の容器に入れて保管していたものですが、花が咲いてしっかり育っています。

ただ、茶色くなった葉が多いことと根がとても長いんです。

この根の大きさにメダカが入り込んで、出てこられなくなることがあります。

そうしたことがないように、根を切り枯れた葉の部分を取り除きました。

剪定が終わったホテイアオイ草です。

もうしばらく再度別容器で、新水槽に入れるための準備です。

今まで別容器で飼育していたので必要がないと思うのですが、葉や根を切っているので様子を見ます。

 

他の水草(アナカリス)を、別容器に入れているのを以前に書いています。

こちらはまだ5日ほどの期間です。

このアナカリスに卵が産み付けられているとしても、少なくても後10日ほどはこのままの状態ですね。

 

新しいタライの水槽には、初めはホテイアオイ草を入れます。

アナカリスの孵化がないことを確認してから、ホテイアオイ草と入れ替えるつもりです。

アナカリスも増えすぎると、メダカの泳ぐ隙間もなくなるくらいなので困るんですがね。

 

私としては、姫スイレンが落ち着いた水草で好きなのですが、水草の能力的には低そうです。

やはり水草には、水質浄化を期待してしまいますので姫スイレンだけでは物足りないです。

でも、今までのメダカの入った発泡スチロールの水槽は、姫スイレンだけです。

今のところ、とくに水質に変化は無く雨による被害のみです。

 

sponsord link






タライの新水槽には、これから水草を入れることとパイロットフィッシュを投入しすることです。

新しいアクアリウムを作り、まだ小さな稚魚たちですが、その稚魚たちを飼育する水槽にするつもりです。

メダカの品種数を考えると、もう少し水槽が必要かなと考えています。

水槽を増やすと、他にも必要なもの(エアレーションの吹き出しストーンやゴムチューブ)が出てきますね。

他にもあると思いますが、徐々に準備を進めていきます。

 

少しずつ気温も下がり、メダカ飼育のしやすい気候になってきます。

これからが楽しみです。

sponsord link