久しぶりに雨が上がり、曇り空の天候です。

予報ではしばらく雨マークでしたが、今は曇りが続いています。

曇り空ですが、雨が降らなくてホッとしています。

メダカ飼育の、作業ができますものね。

sponsord link

 

水槽の蓋を外して、圧迫された空間から、メダカもちょっとノビノビしていると思います。

あてにならない天気予報ですので、蓋は横に立てかけています。

すぐに対応できることが、悲劇を生まないことにつながりますものね。

 

こうしてブログを書いているうちに、日差しが出てきたようです。

雲の切れ間からの、ほんの一時の日差しのようです。まだまだ雲が多いですから・・・。

 

今日は、メダカの稚魚たちの写真や動画を撮りました。

まだまだ小さいものが多いのですね。

やや大きくなった幹之メダカ鉄仮面(幹之フルボディ)はもうしばらくで水槽移動です。

移動を、やや早めたいという気持ちがあります。

というのも親メダカが、7匹いたのですが今は3匹になってしまったからです。

★になった理由は雨が主な原因だと思いますが、はっきりしない部分もあります。

★になったメダカには申し訳ないですが、なんとか子どもができてよかったです。

 

極龍メダカも現在2匹です。

こちらも★になる前に産卵・孵化と進んだので、大きくなり次第一緒にしたいと思っています。

しかし、こちらは稚魚の大きさがまだまだですから、9~10月の移動になりそうです。

奥に泳いでいるのが、極龍の稚魚です。

手前の左が紅薊メダカ、右が紅メダカです。

手前のメダカたちはもっと小さいので、極龍メダカより後になりますね。

 

他の稚魚および卵の水槽です。

左が紅帝メダカ(楊貴妃系)、真ん中がオロチメダカ、右が黄金黒燐ヒカリメダカになります。

先日からの雨で、オロチメダカの稚魚水槽が飼育水が溢れそうです。

こうなってからはスダレを止めて、ビニールのカバーにして難を逃れました。

 

紅帝メダカ(楊貴妃系)、オロチメダカ、黄金黒燐ヒカリメダカの早生まれの稚魚たちは、親の水槽に移動しています。

今後大きくなった稚魚たちと、ゴミ箱の水槽にいるメダカたち(一部親水槽)は、新水槽に放すつもりです。

 

sponsord link





 

ちょっと大きくなった、紅帝メダカ(楊貴妃系)の稚魚です。

もう少ししたら、青いタライ水槽に入れようと考えています。

そちらの水槽は立ち上げ中(雨が入り少し長引いてしまいました)なので、もうしばらくの辛抱です。

 

雨のせいで気温が低かったこともあり、産卵床には数日産み付けられていませんでした。

ところが今日、産卵床を見るとオロチメダカが数個産み付けていました。

8月いっぱいまでの採卵と考えているので、とても嬉しかったです。

他にも、紅薊メダカが産卵床にたくさん産み付けていました。

幹之メダカ鉄仮面も、数個ですが産卵していたのは嬉しかったですね。

極龍メダカと同様、親の匹数が少ないので助かります。

sponsord link