今日は以前から悩んでいた、新水槽の置き場所を確保するため1部をズラしました。

また、黒い発泡スチロールの水槽には、硬質赤玉土を敷いています。

余った硬質赤玉土を4つの水槽に分けて入れていたので、量的に不足しています。

そうした作業を実施しました。

sponsord link

 

まずは、以前からの水槽を横にしてスペースをとることからです。

さすがに、40リッターほどの飼育水の入った水槽は、持ち上げられません。

少しずつズラして、向きを変えています。

できるだけ静かにと頑張っているのですが、水槽内は結構揺れてメダカもビックリしていますね。

飼育水を溢れさせながらの作業でしたが、なんとか4槽の向きを変え揃えました。

これで、もう3層が入りそうなスペースが生まれました。

発泡スチロールの水槽を購入し、新しく立ち上げるのはもっと先です。

グリーンウォーターで飼育している稚魚が、もう少し大きくなってくれれば立ち上げです。

 

もう一つの作業として、黒の発泡スチロール水槽に、硬質赤玉土を追加することです。

先にも書きましたが、立ち上げを急いでいたために、余った硬質赤玉土を4等分にしたんです。

厚さは1㎝くらいで、水草も根付きにくいし、せめて2~3㎝は欲しいところです。

 

2日前に水道水でゴミを洗い、カルキを抜いて追加する準備をしていました。

手前のバケツと発泡スチロールに入れておきました。

何度も洗ってワラくず状のゴミを取り去りました。

結構そうしたゴミが多いのですが、硬質といわれるだけに若干潰れますが、しっかりした感じです。

 

シャベルを使って静かに入れたつもりなんですが、写真のように濁ってしまいました。

入れた土を手で慣らして時間をおいてみましたが、水草の上に細かい粒が被ってしまっています。

 

sponsord link



</center
最後に水草を持ち上げ、被った土を払うようにしながら底を平らにしましたが、濁ったままです。

時間をおいても、細かい砂が水草に被った状態に変わりはないでしょう。

透きとおるまで、根気よく待つしかないですね。

この細かい土をメダカたちが、間違って口にして腹を壊さないかと心配しました。

入らぬ心配ですね、きっと。

 

数時間後に、スマホで撮った底砂の状態です。

濁りがなくなりつつあるようです。

sponsord link