暑い日が続いている上に、台風まで接近するというやっかいな気候になっています。

メダカ飼育を行う人にとって、気を使う時期といっていいでしょうね。

日当たりのよい場所に稚魚水槽を置いています。

日光が当たるとあっという間に40℃近くまで上昇してしまいます。

グリーンウォーターを維持するために、しばらくは日光に当てていますが、水温に気をつけています。

sponsord link

 

メダカは変温動物です。

ですから、寒さや暑さにも耐えられるんですね。

すごいと思いますが、やはり限度があります。

 

冬は冬眠をして温かい春を待つんですが、水温が0℃近くになっても大丈夫です。

活性が落ち、冬眠状態になって耐えているわけです。

ですから餌を与える必要も無いですし、刺激を与えないことが大切ですね。

水槽の底の方まで凍ってしまうと、さすがにメダカは氷に包まれるわけですから生きてはいけません。

夜間は水槽に蓋等をすることで、外気温の影響を少なくすることができます。

 

では、今の時期(夏場)ではどうでしょうか。

外気温は35℃を超えて、猛暑日になったりします。

そんな日に、直射日光が水槽に当たるとメダカはどうなるでしょうか。

先に述べた稚魚水槽ですが・・・。

うっかり直射日光が当たってから、時間が経ちすぎると40℃になっていることがあります。

慌ててヨシズを掛けたりしているんですが、チャンとメダカは泳いでいます。

元気かどうかはわからないのですが、ストレスになっているのは間違いないでしょうね。

屋内での飼育の場合は、カーテンを閉めることによって水温上昇を防いでやることですね。

 

水温が35℃くらいでもメダカは泳いでいますが、品種によって、耐えられる水温が違います。

でも、メダカに適した水温にしてやることがいいのはもちろんですね。

普通種であれば、28℃くらいの水温が適していますね。

幹之メダカやダルマメダカは、ちょっと高めの30℃ほどです。

 

sponsord link



 

それから心配なのは、水温が高くなると水質が悪化しやすくなります。

食べ残しの餌や水草の痛んだもの等が、水質悪化を早めます。

夏場の水替えは、1週間に1度は最低限行いましょう。

また、蒸発する量も結構あるので、足し水を適宜行ってやる必要があります。

 

メダカにとっての大きなストレスは、水温の急激な変化です。

溜置きした水と水槽の水温が、同じように合わせて、水替えを行う必要があります。

2~3℃の水温変化でも、メダカにとっては大きなストレスです。

弱ったメダカは耐えられず、★になる可能性もあるので気をつけましょう。

sponsord link