以前にメダ友(がんばさん)から烏城三色メダカでを3匹頂きました。

残念ながら1匹が★になり、今は成魚が2匹です。

撮影したところ2匹とも雌でした(その後追加注文しましたが)。

そうしたことも有り、稚魚たちの状況確認を兼ねて撮影しました(スマホなので写りは最悪ですが)。

sponsord link

 

今からの写真は全てスマホなので、写りが悪くてごめんなさい。

烏城三色メダカを同様に撮影してみました。

ケースのバックが白いので、よりわかりにくいのですが・・・。

 

我が家の稚魚水槽に上見ですが、真っ黒なメダカがいるんです。

以前から気になり、もしかしてオロチメダカかもと思っていました。

というのも、昨年は混永させていたために混乱していました。

撮影してみると、オロチメダカとは違っていました。

そういえば、小川ブラックメダカ等と一緒に混永させて、そこから採卵していました。

他の稚魚水槽(こちらもいろいろ混永しています)にも真っ黒なメダカがいたので確認してみました。

こちらも案の定オロチメダカとは違っていました。

 

オロチメダカの稚魚も撮影してみました。

なにしろグリーンウォーターが濃いので、とても確認しづらいのですがそれでもわかると思います。

本当にわかりにくいですね。でも、明らかに白い部分がないんです。

ケースに入れて撮影したのですが、この状態のグリーンウォーターだったので最低の撮影になりました。

でも、ケースに移すとき稚魚の様子を見たのですが、明らかに先の黒い状況のメダカと違うんです。

オロチメダカの定義にあるように、稚魚から真っ黒なんですね。

そこがこのメダカの特徴で有り、素晴らしいところだと思います。

 

先日から採卵した卵が孵化をして、今では20匹近くになっています。

大好きなオロチメダカなので、全てが立派な成魚になって欲しいと願うところです。

 

sponsord link





稚魚のほとんどは、幹之メダカです。

最初は白メダカやヒメダカから飼育し始めたんです。

そのうちちょっとわかってきた頃に、幹之メダカとか楊貴妃メダカとか飼育し、その子どもたちが繁殖したんです。

いまでは、そうしたMIXメダカが増えると、飼育が大変だという感じになっています。

もちろん、改良メダカの繁殖も当然大変なのですが、品種がわかっている分扱いやすいです。

改良メダカからも、当然判断できないメダカが生まれてくると思います。

そうしたメダカも、MIXメダカとして飼育していくことになるんでしょうね。

狭い飼育環境ですが、メダカに可哀想な思いをさせたくないですから・・・頑張ります。

sponsord link