幹之フルボディメダカと極龍メダカの違いはどこにある?

我が家には去年から飼育してきた幹之フルボディ(鉄仮面)がいます。

私は幹之メダカ鉄仮面と呼んでいますが、幹之系から改良されたメダカであることは間違いないところだと思います。

私がとても好んでいるメダカで、銀色に輝くボディには惚れ惚れする次第です。

sponsord link

 

先日、メダ友がんばさんからいただいたメダカに「極龍メダカ」という品種がいました。

実際に容姿を見る限りは、幹之メダカ鉄仮面(フルボディ)と変わらない気がするのですが・・・。

見る限りは同じに見えるのですが、品種のルーツが何なのか見当が付かないのです。

 

一説では、幹之フルボディをもっと極めたのが、言葉どおり極龍(きわめりゅう)なのかもしれません。

なぜこのような話題を話すのかというと、幹之フルボディが数匹で極龍も数匹なんです。

一緒の水槽で混永させることが可能かどうか、それが知りたくて調べているわけです。

 

極龍というからには、幹之フルボディがもっと進化したものなのでしょうか。

確かに、とても綺麗に光り輝いています。

同じ幹之メダカから派生したメダカであれば、ルーツが同じですから同種の品種と考えていいのかもしれません。

そうであれば、混永させ繁殖があっても問題は無いのかもと考えてしまいます。

そこが、今回問題視している部分なんです。

 

私自身は、ルーツは同じ(作出者によって呼び方が違うんです。これって困りますね)でも、一緒にしたくないと思っています。

果たして、幹之フルボディと極龍が同じルーツなのかどうかも不確かな部分があるので。

どなたかこのことに詳しい方がいらっしゃれば、教えて欲しいと思うのです。

 

sponsord link





 

メダカの図鑑とかをよく見ているんですが、作出者によってメダカの品種の呼び名が違うんですよね。

確かに呼び名を統一できれば、飼育している方々にとってはとても便利だと思うのですが・・・。

でも改良メダカを、たくさんの方々が作出していれば、統一した名前へをつけるのは大変なことですね。

sponsord link

2
Leave a Reply

avatar
1 Comment threads
1 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
2 Comment authors
しんぺいばらもん Recent comment authors
  Subscribe  
更新通知を受け取る »
ばらもん
ゲスト
ばらもん

まず、読み方ですが
きわみりゅうです。

メダカを趣味程度に繁殖させていますが
行くところで呼び名が違うこともありますし
協会、連盟などややこしいです。
おまけに珍しい表現が出たからと
すぐ、名前をつけたがり
挙げ句の果てに固定率が低いにも関わらず
名前を付けて販売するところもあります。
あるメダカ屋に至ってはウチのメダカをどこから販売されたのか電話するところもあります。
メダカの飼育を純粋に楽しみにくくなっている上に、初心者には中々手を出しにくいことになっていることが残念です。

しんぺい
ゲスト

ばらもんさん、こんばんわ。

遅い時間にもかかわらず、コメントありがとうございます。

きょくりゅうではなく「きわみりゅう」なんですね。
なかなかメダカの名称が複雑で、なんとかならないものかと感じますが。
作出の方法がとても多いので、基本的に名前をつけるのが難しいのですね。

将来、上手に分類されて、気持ちよく整理されるとよいですね。

これからも訪れていただき、コメントがいただければ嬉しいです。

go-to-top