今日も暑い日でした。

外に出ると、何もする気力が無くなるくらいでしたね。

 

昨日の投稿に、コメントをいただきました。

昨日の投稿は、一眼レフとマクロレンズによるメダカ撮影についてのものです。

私の撮影技術に対しての、親切なアドバイスコメントでした。

以前にもアドバイスをいただき、少しずつですがメダカ撮影に進歩を感じていました(なかなか上達しないのですが・・・)。

sponsord link

 

いただいたアドバイスを元に、今日もメダカ撮影に挑戦しました。

カメラ設定について、いくつか変更しながらの撮影です。もちろんアドバイスの設定を中心にです。

私の設定ミスもあってか、明るすぎたり暗くなりすぎたりして、アドバイスの設定からはずれているところもありますが・・・。

 

良さそうな写真から、設定ごとにまとめてみました。

カメラはCanon Eos 6D MarkⅡ、レンズはSigma 50mm F/2.8 macro、CPLフィルター付きです。

環境的には、曇っていましたが明るい日でした。

全て、MF撮影になります。

F値 シャッタースピード ISO感度
2.8 1/50 1000

 

F値 シャッタースピード ISO感度
2.8 1/400 1000

 

F値 シャッタースピード ISO感度
2.8 1/80 1000

 

F値 シャッタースピード ISO感度
2.8 1/320 800

 

F値 シャッタースピード ISO感度
4 1/400 500

 

F値 シャッタースピード ISO感度
4 1/400 640

 

撮影したものを、設定ごとにまとめてみました。

ほとんどがダメダメですが、中にはちょっといいものが撮れたかなと自賛しているものもあります(笑)。

150枚ほど撮影した中から、選んでみました。

1回のシャッター押しで3枚ほど撮影しています。

その中から数枚を選ぶのですが、それが大変でした(同じような写真が多くて)。

 

sponsord link





 

そういえば昔のことですが、パンフレット用の写真を撮影している現場を見たことがあります。

プロの写真家の方が、数えられないほどシャーッターを切っているのを見ました。

覚えていませんが、とにかくすごい数で、使われていたのは4枚!でした。

こうして撮影していて思うのは、たくさん撮って、そこからよいものを選ぶことが必要なのかもと感じました。

フィルム時代と違い、デジタルならではでしょうか。

sponsord link