メダカ水槽の苔取りに、ミゾレヌマエビがいいかも・・・。

昨日、梅雨明けの発表された地方が多かったですね。

でも、この蒸し暑さは、なんとかならないものでしょうか。梅雨が明けるとカラッとした天候のイメージがあるのですが・・・。

 

4~5日前に、水槽内の苔を無くしたいという投稿をしていました。

そのときはミナミヌマエビを投入し、気長に苔取りをさせようと思っていました。

この投稿していたときには、ミナミヌマエビとヤマトヌマエビについて書いています。

書き終わってから、ふと以前購入したヌマエビを思い出したんです。

sponsord link

 

それは、ミゾレヌマエビというエビなんです。

ヌマエビの中では、マイナーな存在かもしれませんね。

近くのショップにはもちろん置いていませんし、店員さんに聞いても知らなかったんです。

 

大きさは、ミナミとヤマトの中間くらいです。

ヤマトヌマエビに匹敵するくらい、苔取りをしてくれます。

そして、メダカを捕食することもありません(卵や針子は駄目だと思いますが)。

残念ながら、ヤマトヌマエビ同様に淡水での繁殖は難しいようです。

でも、寿命は長いもので、5年くらい生きるらしいですね(これならコストパフォーマンスが高いです:笑)。

 

ネットで検索しても、ヒットする数は多くありません。

以前に購入したと書きましたが、購入の履歴からたどり再購入という形で購入申し込みをしました。

2日前の夜遅くに購入申し込みをしたので、昨日の発送でした。

今日の午前中には、手元に届きました。

欲しいときに、すぐに手に入るのって最高に便利です。

 

購入したネットショップさんは、「アクアリウムドリームシアター」というお店です。

発泡スチロールで、丁寧に氷と一緒に送られてきました(氷は溶けていましたが:笑)。

発泡スチロールの箱の中に、何重にも新聞紙で包まれてショックを吸収してあるようでした。

箱には、「早く届けてください」と配達業者さんへのお願いも書いてあり、気持ちのよい配送でした。

今までも午前中に届くことが多いのですが、朝の9時というのには驚きました。

もちろん、死着保証に2匹余分に入って12匹で、全部元気でした。

 

せっかく早く送っていただいたのですから、9時過ぎから作業開始をしました。

細い方の袋は、氷が入っていたものです。

何かわからずお店に電話で聞いたら、保冷用の氷とのことだったんです。

 

まずはいつも通り、温度合わせからです(約1時間しました)。

それぞれの水槽に入れるために、タッパを配置し準備万端。

4つの水槽に、それぞれ3匹ずつ入れることにしました。

4時間ほどかけて水合わせをして、それぞれ新しい水槽に入れました。

 

sponsord link





 

体型は、他のヌマエビとちょっと違っています。

写真を見ていただくとわかりますが、背中が少し「くの字」に曲がっています。

しかし室内の観賞用の水槽でも、ヤマトヌマエビのように見た目が怖くありません。

ですから鑑賞にも堪え、しっかり仕事を行うからおすすめのヌマエビといえるでしょう。

水槽から外へはねて、★になる心配があるかもしれませんね(以前はありませんでしたが、様子を見ます)。

 

ついでに、水草もホテイアオイ草から全てアナカリスにしました。

sponsord link