今日も暑い日でした。

そろそろ全国的に、梅雨明け宣言が行われそうですね。

昨日の暑い日は、産卵が活発でたくさん採卵しました。

残念ながら、今日も暑かったのですが産卵はイマイチでした。

sponsord link

 

7月20日の投稿で、水草が繁殖しすぎで整理したいと言っていました。

そこで今日は、水草のアナカリスの整理です。

何しろこのような状態で、メダカの泳ぐ場所も無いような有様です。これは見苦しいし、メダカにもなんとなく可哀想ですね。

 

アナカリスの整理に思いついたのが、糸で途中を緩く縛ることです。

強く縛ると、アナカリスの成長にも影響するだろうし、メダカが入り込んだら出てこられないかもという心配からです。

わかりにくい写真ですが、真ん中ぐらいに黒い糸が見えます(縛ったところです)。

こういうことをすることによって、水草への影響もあるかもしれませんね。

多く繁殖したものは整理して、元に戻しました。

整理して、余ったアナカリスです(ホテイアオイ草を入れている水槽に、アナカリスを入れて交換するつもりです)。

ホテイアオイ草の発達には、苦い経験があります。

メダカが、根に絡みついて★になったんです。

今はまだそれほどでもなく、卵を産み付けているのでもうしばらくこのままです。

 

結構すっきりしました。

姫スイレンの方も、選定をしなければいけないものもありますが・・・。


これで、メダカも過ごしやすいでしょう(笑)。

こうして水草(アナカリス)を糸でまとめ、水槽内をすっきりさせたので満足しました。

すっきりしたついでに、水替えもしてやろうと思ったわけです。

 

柄杓2~3杯の水替えや、蒸発分の水足しはよく行っています。

いつもより、たくさんの水替えをするのは久しぶりです。

小さなバケツ1杯分を変えました。

ホースを使って、水槽の底の方の飼育水を交換したつもりです。

ミナミヌマエビの入っている水槽もあるので、直接飼育水を捨てずいったんバケツに取り、飼育水を確認してから捨てるようにしました。

ミナミヌマエビは吸込み口が近づくと、素早くよけるのでホースに吸い込まれることはないのですがね。

 

sponsord link



 

水替えは、全部で8水槽を行いました。

水草の始末から水替えまで、年寄りにはかなりの負担です。

中腰のため腰への負担が大きく、さすがに辛かったですね。

今度からは慌てず、間をとりながら実施したいと思いました。

夕方の作業だったので、暗くなる前にと焦ったためなんですが、早めに実行すればよかったんですが・・・。

時間が早いと暑いので、これも身にこたえそうです。

要は、作業を2日間に分ければよかったんですよね。

次回は、椅子も用意して楽に行いたいです。

sponsord link