昨日は暑い日でした。そんな日はメダカの産卵も活発なのかな。

昨日、ブログを更新するつもりでいたのですが、夕食時にビールをちょっと飲んだら更新を怠ってしまいました。

1日1記事を続けるつもりでいたのですが、残念な思いが、こうして早起きをさせて書くことになったわけです。

と、言い訳はこの辺にして・・・。

sponsord link

 

梅雨で湿気も多い上、夕方にはまだ気温は30℃でした。

日向の水温は昼過ぎに撮影したものですが、35℃くらいまで上昇しています。

日が陰っては同じ水温なんですが。午後4時前の水温です。(左:稚魚槽、右:親のいる軒下の水槽)

各水槽に置いている産卵床を、いつもより遅く(午後1時頃)点検をしました。

新しいメダカたちの水槽には、ホテイ草も一緒に入れているのでその根も調べました。

 

最近若干水温が低かったこともあり産卵が鈍かったのですが、昨日はどの水槽もたくさん卵を産み付けていました。

ホテイアオイ草の根にも、ご覧のように産み付けています。

とくに、あまり産卵してくれない極龍だったので、嬉しさ倍増です。

いつも多く産んでくれているのは、紅・紅帝風雅・紅薊の各メダカたちです。昨日もたくさん採卵できました。

 

以前から採卵しているメダカたちも、昨日は多かったですね。

オロチメダカが、産卵床に産み付けていたのには滅多にないのでびっくりしました。

この調子で採卵できれば最高です。

 

幹之メダカ鉄仮面も、いつもは少ないのですが昨日は多かったです。

どのメダカも産卵していたので、卵を入れているグリーンウォーターの水槽に入れるのも楽しい作業でした。

すぐ近くにあるシマトネリコの葉が落ちて、水槽内を汚してしまいます(オロチの採卵用水槽)。

少し大きくなった稚魚は、別のグリーンウォーター水槽に入れています。

卵や小さな針子を、捕食から守るためです。

(左:オロチメダカ、右:楊貴妃・紅帝メダカの稚魚です。右の水槽のひどい汚れは、後で綺麗にしましたよ。)

 

sponsord link





 

さて、産卵も快調でとても嬉しいんですが、悩みがあります。

以前にも書いたと思うのですが、これだけ産卵・孵化をすると当然のことながらメダカがたくさん増えるわけです。

楊貴妃・紅帝メダカの、卵と針子たちの水槽です。写真ではそんなに多くは見えませんが、実際にはすごく多いです。

 

昨年までの採卵は、どのメダカも一緒にしていたのでMIXメダカとしてまとめていました。

今年は、品種別に採卵しています。

なので、水槽の数がとても増えてきているんです。

当然この稚魚たちもドンドン成長していくと、水槽を増やさなければならないと思います。

そうした状況に、対応するための場所も無いですし・・・・。

ん~、困った。

メダカが増えて嬉しい反面、現在の悩みの種です。

とりあえず、採卵は夏までと考えています。

 

この暑さのためなのか時期なのかわかりませんが、アナカリスの花が咲きました。

白くて小さく、なかなか可愛いですね。

心和むひとときでした。

sponsord link