梅雨空で、晴れ間もときどきなんですが。水草の繁殖がすごいんです。

メダカが泳げないような状況になっています。

右の写真じゃ、メダカの泳ぐところがなさそうです。

これじゃ、メダカが可愛そうですね。

入っている水草は、アナカリスト姫スイレンです。

sponsord link

 

アナカリスはご覧のように、ドンドン伸びて水槽を埋め尽くす勢いです。

また姫スイレンも、楊貴妃・紅帝メダカの水槽は葉が増えすぎています。

アナカリスは選定して、姫スイセンは株分けしようと考えています。

 

とりあえず増えた水草は、他の容器(バケツですが)に移してしばらく待機です。

水草に卵があると孵化したら困りますし、スネール等が付いていると嫌なのです。

なのでバケツ保管です。

左の小さなバケツの水槽は、かなりの日数をここに入れていたので水槽に移動します。

姫スイレンもご覧のように、葉が茂っています。

バケツへ入れたので葉の広がり方は小さいですが、水槽内にあるときは水槽表面の半分以上を覆っていました。

 

水草を別にした水槽は、すっきりしてメダカものびのびと泳いでいます。

これ以上、水草を入れなくてもよいのでは無いかと思ってしまいます。

しかし水質等の管理を考えれば、選定や・株分けして入れればいいですよね。

 

こうして水草が増えてくると、管理をどのようにすればよいのか悩んでしまいます。

他にも空いた発泡スチロール容器があるので、そちらと交代しながら投入したら良いのかもと考えています。

 

sponsord link





 

以上が、今までの水槽において、繁殖した水草なんです。

新しい水槽では、ホテイアオイ草を入れています。

こちらも繁殖が激しく、もう葉が分かれて増えてきています。

また根の発育もよく、水槽の底に楽に届いている状態です。

産卵床に産卵する場合と、ホテイアオイ草の根に産卵していることがあります。

 

ホテイアオイ草も別の発泡スチロール容器に、たくさん保管しています。

今年の春に3株買ったものが、今じゃ18株と増えました。

11株は、新水槽につかっています。

いずれの水草も、これ以上繁殖すると手に負えなくなりそうです。

 

気持ち的に破棄するのは、もったいない気がします。

かといってドンドン増えるのを管理するのは、気が遠くなりそうです。

ご近所さんでもらってくれたり、他の使い方があればよいのですが・・・。

 

ホテイアオイ草については、昨年も同様に繁殖して、最終的には破棄しました。

何しろ根の張り方がすごくて、水槽に入れておくなが怖くなるくらい大きくなります。

残念ながら、破棄が間近のようです。

 

今年は今後、姫スイレンとアナカリスで、水槽内の水草に対応していこうと考えています。

昨年、アマゾンフロッグビットという浮き草も繁殖しすぎて、もったいないけれど破棄しました。

ですから今年は使用していません。

 

* この作業(姫スレンの株分け等)は明日以降になりますね。

sponsord link