昨日は、梅雨の合間の晴れた日でした。

天候がよいと、メダカの飼育がとても楽しく出来るのを再認識しました。

晴れたのは昨日だけで、今日は1日雨降りでした。

屋外飼育ですから、本当につまらない1日になるんですよ。

以前のような大きな水槽ではなく、小ぶりの水槽で屋内飼育をしたいとあらためて思いました。

なぜ屋外飼育に転じたのかを、痛感しているんですが・・・(屋内飼育については、過去に多く投稿しています)。

sponsord link

 

雨が降ることによって、メダカへの影響も少なくないですね。

メリットが無いわけではないですが、やはりデメリットの方が多いです。

 

メリットについて思いつくことといえば・・・

水替えや足し水の頻度が減ることくらいいですね。

 

デメリットについては、たくさんあげることが出来ます・・・

酸性雨の影響は低くなってきましたが、雨水が入ることによって水質が酸性の方へ傾きます。

これは困りますよね。

また、雨が入り込むことで水温が下がります。

メダカを初めての水槽に入れるときに、温度合わせや水合わせを皆さんしてますよね。

雨が降ることによって、温度の低下や水質の悪化があるということです。

 

対策としては、面倒ですが葦簀を被せるなり屋根をつけるなりして、雨の侵入を防ぐことしか手が無いです(ハウスの飼育がうらやましい)。

左は卵と針子が入った水槽に、カバーを掛けました。右はベランダから落ちてくる水を、蓋によって防いでいるんです。

蓋(発泡スチロール)に落ちて当たる音がやかましいので、タオルを掛けて防音しています。

手前の青い容器にためている水は、明日捨てて再度ため直しです。

 

雨水が入ることにより水量が増え、水槽の外にメダカが流れ出す可能性が考えられます。

簡単な対策として、布きれで毛細管現象を利用して溢れないように水位を保つことが便利です。

強い雨が入り込んだときは、メダカは底の方に移動していますのであまり心配はいらないかも。

しかし針子や小さな稚魚は、流される可能性がありますね。気をつけましょう。

 

sponsord link



 

軒下に設置している水槽は、あまり雨の影響が無いのです(風が強ければ別ですが)。

 

天気予報を見ると、台風が発生して日本海側をとおるようです。

土・日が、とくに悪そうですね。

早く梅雨が明けないかと思っていますが、明ければ灼熱の夏が待っているんですよね。

どちらも、気苦労が絶えなさそうです。

でも、そうしたところに楽しさを見いだすことが、メダカ飼育の神髄(しんずい)でしょうか。

sponsord link