昨日、ブログを投稿する予定をしていました。

ですが、夕方に車のパンクやらで大忙しになり、疲れ切って書けなかったので、今朝はちょっと早い時間に起きて書いています。

 

いつもお世話になっているメダ友さん(長崎のがんばさん:メダ友というより飼育の大先輩)から、たくさんの改良メダカとグッズのプレゼントが届きました。


手作り産卵床とキーホルダーです。

家族中が「まあ、可愛い」といって、我先にキーホルダーをゲットしていきました。

sponsord link

 

丁寧な梱包で、ショップから送られてきたのと同様でしたのでビックリしました。

しっかり発泡スチロールに入っていて、しかもメダカが2重の袋に入れてありました。

九州からの宅急便は、2日かかります。

それを考慮されてか、メダカの袋には一緒に「酸素を出す石」なるものも入っていました。

気配りに感謝しています。

おかげで、メダカは全て元気に到着しました。

 

いただいたメダカはの品種は次のとおりです。

「紅アザミ」「紅帝風雅」「極龍」「紅(楊貴妃系統)」「烏城三色(透明燐)」そして「MIX:三色ラメ+紅白ラメ他」です。


それぞれ4~6匹ずつですが、こんなにたくさんいただいて感謝と同時に申し訳なく思っています。

しっかり育てなくっちゃね。

 

早速、それぞれの水槽に投入開始です。

まずは、温度合わせからです。

約1時間ほど行い、次は水合わせです。

各メダカをタッパに入れ直し、準備万端。

タッパに入れた頂き物のメダカたちですが、なかなか元気です。


郵送中に、産卵したメダカが2種類いました。

残念なことに水槽が不足しているため、親メダカの水槽に入れました(後から、あっタッパに・・・と思ったのです。残念)。

これからも産卵してくれると思いますので、水槽の準備をしなくっちゃと思っています。

 

水合わせは、時間をしっかりとりました。

開始から水槽への投入まで、5時間以上かけました。

5時30分に水槽に入れ、全ての作業を終了しました。

 

sponsord link



 

水槽投入直後の、各メダカの様子です。


メダカによって動きが違いますが、品種で性格が違うのでしょう。

そういえば我が家のメダカたちも、給餌のとき寄ってくるものと隠れるものがいますから・・・。

一晩経過した今朝の水槽は、どのメダカたちも元気でした。

これからの数日に気を配ることが大切で、★になることが無いようにしていかなくっちゃと決心を新たにしています。

 

これからの課題として、もともと我が家にいるメダカたちはもちろんなんですが、いただいたメダカについてはより一層の管理をしていくつもりです。

最初にやらなければいけないのは、産卵した卵を採卵して入れる発泡スチロールの水槽が必要です。

やや小さめの水槽が、5箱いる勘定になります。

もちろん、グリーンウォーターによる飼育になります。

購入は、今日の仕事です。

sponsord link