よい天気に恵まれ、絶好のメダカ撮影の練習日和でした。

西日本や九州は雨模様で大変な1日ですね。

我が地方は梅雨といいながら、今日は梅雨空と関係なさそうな、とてもよい天気で日差しの強い日でした。

こんな日は、またまた一眼レフとマクロレンズ(手振れ補正無し)によるメダカ撮影の練習です。

sponsord link

 

日差しの強い日でした。

楊貴妃・紅帝メダカとオロチメダカを、ケースに入れて撮影をしました。

設定を何通りか変えて撮影したのですが、今回もうまく撮影できていませんでした。

 

前前回も同様によい天気でしたが、うまく撮影できず、そのときの反省があまり生かされていないなとガッカリしました。

カメラの基本的な設定の方向性(何をどのように変化させるのか)が、以前よりすこ~しわかってきているような気がしています。

問題は、各設定をどれくらいにすると、うまく撮影できるのかを詰めることかなと考えています。

 

明るい日差しの元で、撮影したものです。

F/4、1/500、ISO/500の写真です。

明るさが強く、オロチメダカが黒くありません。ISOを下げればよいのかもしれません。

稚魚も明るすぎますね。

 

F/2.8,1/500,ISO/500

こちらの楊貴妃・紅帝メダカは背景が黒ということもあり、それなりに撮影できていると思います。

 

日差しが強いこともあり、AF(オートフォーカス)で撮ればどうかなと思い撮影してみました。

AFが一番よかったと思いますね。

手振れ補正がないけれど、うまく撮れていると思うのですがいかがですか?

AFですが、設定が自動で決まりF/3.5、1/320、ISO/100でした。

今日のような日はAFか、MFでAFの設定を多少いじるかでしょうか。

メダカをケースに入れていたので、動きがあまりなかったのかよかったのだと思います。

 

sponsord link



 

F/4,1/500、ISO/500でしたが、やや日陰になると次のような写真になりました。

ちょっとした環境の変化で、写り方が変わるんだなと感じるとともに、これを楽しいと感じるか面倒と感じるかですね。

私の性格からすると微妙です(笑)。

sponsord link
  1. celeru

    こんばんは^^
    1枚目の画像は綺麗に撮れていますね!

    撮れる写真の明るさ暗さで言えば、
    F値が小さいほど、写真は明るく撮れます。大きいと写真は暗くなります。
    シャッター速度が遅いほど写真は明るく、速いほど暗くなります。
    ISO感度は値が小さいほど写真が暗くなります。ISO感度の値を大きくすると写真が明るくなりますが、大きくし過ぎると写真が粗くなります。

    明るい日差しのもとで撮影したオロチは
    F/4、1/500、ISO/500との事ですが、
    ISO500である必要は無く、ISOは100で良いと思います。それでも明るく写る場合はシャッター速度を上げたり、F値を上げます。暗い場合は逆です。

    撮影後にカメラ背面の液晶モニターに撮影した画像が表示されると思うのですが、それを見て各値を調整しつつ撮影すると良いと思います^^

    • しんぺい

      香桜めだかceleruさん

      アドバイスありがとうございます。
      おっしゃるとおり、F値やシャッター速度そしてISOについて、少し理解が出来てきたかなと思っています。

      撮影するたびに確認しながら設定を変えればいいのに、もういいかなという感じでカメラを片付けてしまいました(メダカを陽当たりで、ケースに入れたままにしているのも可哀想なので・・・)。

      パソコンで見てから反省しているのですが、再度撮影のセットが面倒で止めています。
      次回のチャンスにと思っています。

      香桜めだかceleruさんのアドバイスを活かし、再チャレンジです。
      今日は、雨で無理ですが・・・。

      これからも、よろしくお願いします。
      ありがとうございました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

sponsord link



管理人です

管理人のしんぺいです。よろしくお願いします。

記事内の画像はクリックで大きく表示されます。

最近の投稿

ランキングに参加しています

クリックしていただくと励みになります。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 

こちらもお願いします。

メダカランキング

管理