メダカを飼育する場合に、絶対必要なものは水槽ですよね。

メダカの飼育は簡単ですよ。と言っても、泳がせる水槽が無くては始まりません。

というわけで、他にも飼育に必要なものはありますが、今回は水槽について考えてみました。

sponsord link

 

屋内と屋外飼育では、水槽の種類も大きく異なる場合があります。

屋内飼育では繁殖目的であれば、観賞用の水槽と違ってきますね。

屋外では、鑑賞目的となれば上から眺めることで、そこそこの目的は達成できますが、繁殖目的の場合が多いですね。

私は、屋内飼育から屋外飼育へと変更した経過があります。

 

メダカ飼育のきっかけは、やはり鑑賞するためです。

そこで、屋内での飼育を始めました。

しかしメダカが産卵し始めると、屋内で飼育することが困難になってきたんです。

結果的には、屋外飼育に移行せざるを得なかったのです。

 

そうした経験を元に、水槽の種類を考えてみました。

私は60㎝のガラス製水槽がメインでした。

その後アクリル製に変えました。

屋内では鑑賞目的が主であれば、ガラスかアクリル製がメインになります。

 

ガラス製およびアクリル製水槽
いろいろな大きさがありますが、屋内ですから設置場所に合わせて選ぶ必要があります。

これはアクリル製も同様です。

極端に言えば、ペットボトルでもOKなんですが、メダカがストレス無く泳ぐにはそれなりの大きさが必要でしょう。

基本的な匹数は、1リッターに1匹ですから、匹数に応じた大きさの水槽、あるいはその逆を考える必要がありますね。

1匹1リッターということにとらわれないで、できるだけゆったりとした環境になれになればベターですね。

過密になれば、エアレーションやフィルターの設置や水替え頻度を多くして、飼育水を管理すべきです。

私はダイニングに60×30×30㎝のガラス水槽を置いていて、その後60×45×45㎝のアクリル水槽になったんです

 

しかし、家族の冷ややかな視線で、葉るんは屋外へ移動したんです。

確かに考えてみれば、ガラスの水槽が割れたら大変なことになるのは想像できます

アクリルに水槽はガラス水槽と違い、一気に割れるようなことはありませんが、やはり心配です。

 

いろいろ大きさや形がありますが、環境にあった大きさで飼育することが家族にも非難されることが無いと思います。

家族全員が、楽しめる環境になれば最高ですね。

プラスチック製のもの(プラ船やトロ船と呼ばれるもの)
私は使ったことが無いのですが、今回利用するかどうかとても迷いました。

しかし使わなかったのは、夏の高温になったときや冬場の冷え込みに対応しづらいのでは無いかと考えたからです。

たくさんの水槽で無ければ、屋内へ非難できると思いますが、なにぶん家は狭いので無理ですね。

* 使ったことが無いので、手元にありませんから写真も無いのです。ネット検索すれば結構ヒットしますよ。

 

こちらも大きさはいろいろあります。

価格もそんなに高くありません。

40×30×17㎝を中心に60,80、120サイズとありますが、大体のものは底が浅いです。

それはそれで、水槽の中の様子を把握するのにとってもよいと思います。

たくさんのメダカを飼育するには敵していますね。

が、先ほど言った熱の関係から我が地方では無理かなと思ったわけです。

発泡スチロール水槽
こちらもサイズはいろいろありますし、価格もそんなに高価ではありません。

スーパー等で無料で手に入る場合がありますし、通販でメダカを購入すると発泡スチロールに入ってきますから、それを利用するというのもあります。

配送用のものは、厚さがやや薄いですね。

発泡スチロールを通販(水槽用はいくつか種類があります)で購入したものは、厚さは同じくらいですが密度が高く丈夫そうです。

 

私は、野菜保管用のものを利用しています。


約40リッターのものを使っています。80リッターは大きすぎるかなと考えました。

厚さや密度がしっかりしています(その分ちょっと高価ですけれど・・・)。

ですから、保温性に優れているので使っています。

我が地方(夏は30℃越え、冬はドカ雪)にこの発泡スチロールがあっていると思います。

我が家で使っている発泡スチロールの、厚さを測ってみました。

左は私の使っている野菜保存用、右はネットで注文した発泡スチロールの水槽。


左右のものは、通販での梱包用のものです(厚さにもバラツキがありますね)。

デメリットとしては、耐久性が低いことでしょうか。

2年ほどで、使うにはボロボロと崩れるので限界ですね。

 

sponsord link





 

陶器製・プラスチック製の睡蓮鉢
陶磁器製は、耐熱・耐久性は折り紙付き。

サイズはいろいろありますが、どれも高価です。

ビオトープとしての景観は、最高だと思います。

自分なりにアレンジして景色を作り、そこにメダカが泳いでいるって素晴らしいと思います。

 

私は大きなものは手が出ません(高価なので)ので、園芸用のプラスチックの鉢を使っています。

水が入っていないとプラスチックですから、とても軽く(ここで紹介した水槽は陶器製の大きなものがとても重いです)設置場所を検討してから注水しています。

 

家内が園芸用に陶器製の睡蓮鉢を購入していたので、それをもらってメダカを泳がせています。

値段は知りませんが、小さいのでたいした価格ではないと想像しています。

何しろ小さいので、メダカ数匹を泳がせているだけですが・・・。

sponsord link