メダカの新水槽に、水質悪化を防ぐためにエアレーションを設置。

昨日の投稿最後に、今日はエアレーションの設置を行うと書いていました。

天候は曇り空。

夜には雨模様となる予報ですが、幸いにも作業が出来ました。

sponsord link

 

エアレーションの用具は、少し前にに購入していました。

全部で5槽のエアレーションになるのでその分を用意したんですが、以前から使用していたものもあるので利用するつもりです。

心配なのはエアレーションの空気を送るポンプの出力が足りるかどうかでした。

やはり出力不足でした。

エアが出るものの、情けないほどの弱さなんです。これじゃ役をなさないと考えたんです。

写真は以前のものです。

それと振動が激しく、他のものに接触すると激しい振動音を発するのです。

屋外にあるのに、部屋まで響くくらいなので使用をやめることにしました。

 

というわけで、静かでもっと出力の大きいものをと、すぐにショップに急行して購入しました。

新水槽用に設置するんですが、以前にも5槽にエアレーションをしていた実績のあるものが手元にあるんです。

これは静かで大きな出力でした。

ですから同じメーカー(少し出力が弱いんですが、十分役目を担ってくれます。もちろんちょっと安かったし)のものにしました。

クリックすると大きく拡大するだけです。

ゴムパイプを適当に水槽に届くように切って、先にエアストーンをはめ込みました。

ゴム自体は低価格ですが、水槽が増えたり距離があると、取り回しに必要になるので無駄な切断は要注意です(チリも積もればになりますね)。

 

電源部分なので、雨が当たっては大変と、今までは袋で覆っていました。

とても情けない設置で、見た目も悪く防水も心配なものでした。

それでもなんとか役目を果たし、今まで問題は無かったんです。

ポンプが二つになったこともあり、チャンと整頓して設置しようと考え、とくに雨が完全に防げるようにと考えました。

水槽の、左上に設置しているものがそうです。

発泡スチロールの小さいものに、つのポンプと延長コードのコンセント部分も入れています。

雨が入り込まないように、この容器に蓋をする形です。

 

空気の量はポンプ本体でも出来ますが、6槽分の連結コック(調節用金具)を使っています。

水槽の空気量の調節はコックの開度のよって行うのですが、どの水槽もまんべんに送るのは少しばかり苦労しました。

ショップに走ったりして、結構設置には時間がかかりました。

でも、これで暑い夏がなんとか越せそうとホッとしています。

 

sponsord link



 

違う話題ですが・・・

なかなか孵化してくれなかった幹之メダカ鉄仮面が、今朝1匹だけですが孵化していました。

どこにいるのかわからないくらいで、目を凝らしてやっとわかる状態です。

とても見にくいのですが、今朝生まれの1匹のです。

採卵自体が少ない幹之メダカ鉄仮面ですが、これから孵化が増えてくれれば最高です。

sponsord link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

sponsord link



管理人です

管理人のしんぺいです。よろしくお願いします。

記事内の画像はクリックで大きく表示されます。

最近の投稿

ランキングに参加しています

クリックしていただくと励みになります。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 

こちらもお願いします。

メダカランキング

管理