メダカの撮影用一眼レフの収納ケースを購入したんです。

今日は予報通り、朝から小雨がぱらついています。

これから本格的になるのかもしれません。

こんな日はメダカの世話も十分出来ないので、最近購入したカメラの収納ケースのことについて書いてもます。

一眼レフカメラは昨年秋に購入していました。

メダカ撮影用として(おいおい、メダカ撮影に一眼レフが大袈裟でしょ。でも、他にも撮影するかも・・・)です。

sponsord link

 

収納ケースと入っても、本格的(カメラやレンズ用ではなく)なものではなく、DIYショップで販売されているものです。

簡単にいえば衣装ケースというものなのでしょうか。

その中でも、素材ががっちりして、蓋のしまりがしっかりしたものを選びました。

 

コーワのTSN884に、若干の撮影用金具をつけて収納できるものと考えました。

ですから、長さが大きいもの(W:65mm、D:37mm、H:27mm)を選んだんです。

防湿庫では、長さが大きいものが少なく高価なこともあり断念。

ドライボックスも、大きなものになるとそこそこの値段がします。

というわけで、ロックコンテナ収納ケースにしたんです。

 

強力乾燥剤(3枚×2)を入れています。

湿度計も安いものを購入したんですが、値段が高ければ正確だということもあるようですが安いものを買いました。

ケースとその蓋には、スポンジを貼り付けできるだけ密閉されるようにしています。

現在の収納状況です(はじめは家にある衣類の収納ケースを使おうとしたんですが、隙間が多過ぎでした)。

左:衣類収納ボックス、右:ロックコンテナ

 

メダカの撮影には、コンパクトデジタルカメラやスマートフォンのカメラで十分だろうと考えていました。

しかし、いろいろなメダカサイトに掲載されている写真の綺麗さに、自分もこうした写真を撮ってみたいと思ったんです。

そのためには、一眼レフカメラがベターだということが述べられていました。

メダカ撮影だけに一眼レフカメラを使うのではなく、これを機会に、いろいろなものを撮影できればと思い購入したんです。

買うならフルサイズという言葉につられて、フルサイズを購入してしまいました。

ちょっと安い、APS-Cやフォーサイズというセンサーの小さなものがあるのですが、今後不満が出てこないようにとフルサイズにしたわけです。

ミラーレスカメラもあったのですが、昔からの憧れで一眼レフカメラに軍配でした。

 

しかし、メダカを撮影するのはとても難しいものがあります。

何しろ、よく動きます。

カメラを近づけると隠れてしまうのには、さすがに参りました。

撮影するときは撮影用ケースにメダカを入れて、メダカが落ち着いてから撮影に臨むといいでしょう。


まだまだ情けない写真で、申し訳ないです。

修行の身なので、許してください。

sponsord link



 

できるだけ大きくメダカを写したかったので、マクロレンズを購入しました。

一眼レフカメラについて何も知らない私は、手振れ補正無しのものを購入したんです。

もちろん手持ちでは、ボケボケの写真です。

MF(マニュアル撮影)するか三脚を使うしか無かったんですが、なんとかMFで撮るようにと頑張っています。

だって三脚で撮影するには、準備が大変ですから。

 

今度購入するときは「手振れ補正」が必須と考えています。

撮影はチョー素人ですから・・・。

sponsord link
  1. がんば1223

    こんばんは!
    最近一眼レフカメラ全然使ってません(もう...3ヶ月以上)
    簡易防湿庫の中に入れたままです。

    宝の持ち腐れ!
    コンデジの方が簡単に直ぐ撮影できるので。

    だから撮影上達しませんね。
    デジタルスコープ良いですね、ただその他の機材も
    いるのでは、費用が掛かるんでしょうね。(^-^;

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

sponsord link



管理人です

管理人のしんぺいです。よろしくお願いします。

記事内の画像はクリックで大きく表示されます。

最近の投稿

ランキングに参加しています

クリックしていただくと励みになります。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 

こちらもお願いします。

メダカランキング

管理