メダカ(針子)の水槽状況と各水槽の様子です。

梅雨の合間の曇り空・・・。

日差しはありませんが、暖かい朝を迎えて水温は20℃あります。

こんな日は飼育作業にもってこいなんですが、とくに無いので卵と針子の水槽を中心に状況を紹介します。

 

 

今朝まで雨模様で、葦簀をかけて保護をしていた卵と針子の水槽です。

孵化した針子メダカの数ですが・・・

楊貴妃・紅帝メダカは15~16匹です(正確に数えられなかったんです。虫眼鏡がいるかも)。

黄金黒燐ヒカリメダカは7匹(これも小さくて数え切れないんです)だと思います。

オロチメダカは11匹(これは真っ黒なのでよく見えます)です。

ここ数日で、一気に孵化して増えてきました。

 

残念ながら幹之メダカ鉄仮面の卵は1個で、生まれてからあまり日も経っていないので孵化はまだです。

もちろん有精卵ならばですが・・・その後卵は採れていません。

後から追加した雄2匹も、他のメダカと同じように仲良く泳ぐようになりました。

追加して2日ほどは、2匹だけ底の方にいたのですが、今は他のメダカと一緒に元気に泳ぎ回っています。

そろそろ、産卵しそうな気配というか雰囲気になってきました。

ねっ、仲が良さそうでしょ(楽しみ楽しみ)。

 

MIXメダカの稚魚たちは、上記のメダカたちよりもちょっと発育が良いです。

より濃いグリーンウォーターで、陽が当たり水温が上昇してもそのままにしているからでしょうか。

ただ、餌は補助的に(他の針子たちと同様)1日3回少しずつですが与えています。

水面が反射して見えにくいのですが、写真の匹数よりも多くいます。

 

まだまだ卵がある(MIXメダカは卵はありません。ホテイ草と一緒についてきたものです)ので、孵化してくれると思います。

これからも採卵しますから、たくさん生まれてくれればと期待しているんです。

 

軒下の水槽には、黄金黒燐ヒカリメダカを分けて飼育しています。

匹数が多いと濁りがあるかと思い、7~8匹ずつ2層に分けて飼育しています。

約35リッターの飼育水ですから、15~6匹は問題は無いと思い始めました。

やはり原因は、餌のやり過ぎだったように感じています。

5匹しかいない楊貴妃・紅帝メダカの水槽が、最近すっきりとした飼育水になっていたからです。

水槽に入れたときに、すぐに濁ったんですが不思議(匹数が少ないのに)に思っていました。

黄金黒燐ヒカリメダカを2水槽に分けたら、綺麗に濁りが取れたので、なおさら匹数が原因と考えたんです。

 

後日、新しいメダカを飼育する予定にしています。

そのとき一緒に黄金黒燐ヒカリメダカを、もといた水槽に移動しようと思っています。

 

各水槽の様子です。

二つの水槽に分けた、黄金黒燐ヒカリメダカです(これを1槽にする予定です)。

楊貴妃・紅帝メダカと幹之メダカ鉄仮面の水槽です。下はオロチメダカです。

玄関先の水槽2つです。

sponsord link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

sponsord link



管理人です

管理人のしんぺいです。よろしくお願いします。

記事内の画像はクリックで大きく表示されます。

最近の投稿

ランキングに参加しています

クリックしていただくと励みになります。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 

こちらもお願いします。

メダカランキング

管理