昨日の投稿では、針子や稚魚はグリーンウォーターで飼育するのがいいという内容でした。

グリーンウォーターのみでは栄養的に不安があるので、私は人工飼料を与えています。

メダカを飼育し始めた頃は、可愛さ(餌を食べているところが最高に可愛い)のあまり、与えすぎたりしてよく反省をしました。

sponsord link

 

与えすぎて、食べ残しが原因で水質の悪化につながり、★になるメダカがいたり苔や藻が繁殖したりと苦い思いがありました。

そうしたことを防ぐには、3~5分で食べきるくらいの量(心を鬼にして:笑)を、1日2回与えるのが良いと思います。

メダカは下顎が前に出ているので、基本的に餌が植にあるのが良いんです。

 

孵化したばかりのときは、おなかに親からもらった栄養袋があるので2日ほどは与えなくっても大丈夫です。

ですから、3日目くらいから給餌しましょう。

このあたりのタイミングとしては、グリーンウォーターの場合は心配いらないですね。

針子の場合はチョー小さいので、できるだけ細かい餌を与えるようにしましょう。

私は、ジェックスの「メダカ元気」を針子に与えています。

* このあとの餌の写真は広告ではありません
 

特徴としては、パウダー状で粒がホントに細かく、水によく浮きます。

針子でも、食べやすい大きさだと思っています。

成分として、フィッシュミールが含まれています。

これは油膜をできる原因となるので、水替えをしっかり行いましょう。

食べ残しも多いので、水質悪化しやすいですから気をつけましょう。

 

「メダカ元気」を使う前に、キョウリンの「ちびっこメダカ」を購入していました。

うたい文句に「うまれた!」とプリントしてあったので、使えるかなと思って買ったんです。

「メダカ元気」より粒が大きい分、針子は食べにくいだろうしゆっくりと沈降していくんです。

これでは、針子が食べるにはとても無理があります。ですから、与えないまま保管しているんです。

フィッシュミールはもちろん、スピルリナという色上げ効果のある成分が含まれています。

スピルリナの色上げ効果はどれほどのものかはわかりませんが、成分的に悪いものではないので良しとしましょう。

 

次の餌は、メダカと一緒に購入した餌(まこっぺメダカランドで購入しました)です。

フレーク状で、とても水に浮きやすい餌です。

稚魚用のパウダーのものもあるようですが、私は写真のものをすりつぶして与えています。

さすがに針子には無理なので、「メダカ元気」は針子に、稚魚からはすりつぶした写真の餌を与えています。

フィッシュミールは含まれないので、油膜とはおさらばです。

色上げ成分の、スピルリナが配合されています。

 

sponsord link





 

今までメダカ飼育をしてきてたどり着いたのが、最初と最後に紹介した餌になりました。

生き餌は、与えたことがありません。

いろいろサイトを見ていて、取り扱いが難しいのかなと思っています。

タマミジンコを考えたことがあるのですが、一気に全滅したというのも聞きます。

分けてミジンコを飼育すれば、全滅は防げるそうですね。

近くのショップには販売されていません。ネット購入ですね。

メダカにはとても良い生き餌と聞いていますので、今後挑戦してみたいです。

 

近くのショップには、乾燥赤虫とかが販売されています。

一度購入して与えてみたのですが、メダカに見向きもされませんでした(笑)。

いろいろ試して、食いつきのよいものがいいですね。

 

sponsord link