梅雨に突入、メダカ飼育で注意することはなんだろう。

とうとう、日本列島も梅雨に入り始めましたね。

もちろん晴れた日と違い、外気温は低いです。

でも、最低気温がそんなに下がっていないこともあり、水温は17~8℃を維持しています。

ですから、屋外飼育をしていても少し安心できそうです。

sponsord link

 

以前にも雨についての対策を掲載していますが、今回は少しまとめてみました。重複した内容もあると思いますが、許してください。

梅雨ではなくても、雨天時に注意することは結構あります。

雨量が多いため、メダカが水槽からあふれて飛び出す。
小雨でも長い間降り続くと、飼育水があふれることがあります。私の経験ではメダカが水槽外に流れでたといった経験はありません。

メダカは水の流れに逆らって泳ぐ傾向がありますから、簡単には外に出ません。

しかし急な水量の増加や、勢いよくあふれ出る水流に負けてしまう可能性もあります。

ですから毛細管現象を利用して、タオルを外に垂らして水量を調節することも良いと思います。

雨による水温の急低下がある。
朝と昼の水温差が少ない頃になり喜んでいるところですね(温度差があっても徐々に変化します)。

急に雨が降り出すことにより、一気に2~3℃ほど下がってしまうことがあります。このときが要注意です。

新しくメダカを購入したり飼育水槽を変えたりする場合、しっかり温度合わせをしたりするのですが、そういう環境を作ることができないということです。

葦簀や簾を利用したりして、雨の侵入を防ぐ手当も良いかと思います。

水質の変化がある。
雨水が水槽内に入り込むと、水質が変化します。

PH値は酸性の方に傾きます。そういう場合は、蛎殻を投入してアルカリ性よりに変えてやるのも良い方法だと思います。

有害な酸性雨の場合も考えられる。
飼育されている地域によっても違うと思いますが、黄砂やPM2.5という細かい粒子状物質が含まれた雨が降るかもしれません

そうした地方の方は、雨天時は雨が入らないように蓋をする必要があるかもしれませんね。

ナイロンをかぶせたりすると、簡単で良いかもしれません(風で飛ばないように工夫しなくてはなりませんが)。

メダカの飼育作業がやりづらい。
ほとんど作業的なことは、できなくなります。

給餌とメダカの観察ぐらいでしょうか、できるのは。

傘を差しカッパを着ながらって、私にとっては苦痛です(笑)。

こうしてブログを書くのに、最適な日かもしれませんが・・・(やっぱりメダカと戯れて、楽しいんです)。

 

sponsord link





 

メダカを趣味で飼育している人は、このような雨天時のデメリットを抱えていらっしゃるかもしれません。

広い敷地があり、そこでハウス内飼育だったらどんなにいいだろう、と思うことはしばしばあります。

でも、自分の飼育限界を知ることも、大切だろうと思っています。

sponsord link