メダカの品種選びは、飼育者の性格を反映しているかも。

風邪の調子も良くなり、朝早くに目が覚めたんです。

パソコンの前に座り、メダカのことを考えながらいたんです。

あれ!?自分の大好きなメダカは、「幹之メダカ鉄仮面」「オロチメダカ」「楊貴妃メダカ」なんだけど・・・。

何でこの三品種?

sponsord link

 

もちろんメダカには色だけではなく体型も関係してきますが、そこにはあまり関心がないんです。

将来的にこだわるようになるかもしれませんが・・・。

 

私は、形では直線的(シャープ)なものが好みですし、色もスキッとしたものがとくに好きなんです。

例えば、家(建築物)について考えると・・・

屋根が、凸凹と変化に富んだのが好きではないんです。スパーっと一直線に描かれた屋根が理想です。

できれば平屋で。

窓も出窓とか必要なくて壁のバランスを崩さない位置にあることが1番です。

 

と話していますが、今住んでいる家は建て売りで、自分の好みになるのは、形は無理で色については自由度がややありました。

といっても元々若干シャープな印象の建て売りでしたから、いやではなかったんです。

 

内装で、いくつか変えることができました(こちらはとくに色に関わってくるんですが)。

家内は可愛い色や形が好きなようで、いろいろ持ちかけてくるのですが、私はシャープなものが好きなんです。

風呂は、モノトーンで統一(絶対飽きないからって納得させました)。

キッチンは真っ赤な色で派手派手ですが、要所要所に赤が使われていて夫婦ともOK。

便器のような小物は、家内の好きな色を選ばせて(これが私の作戦です)。

 

すみません、書いている内に支離滅裂になってきましたね。

要するに、メダカは先に書いた3品種が好きなんです。

黒の低床に映える楊貴妃メダカの赤や、幹之メダカ鉄仮面のシルバー、そしてこれでもかといった混じりっけ無しの黒いオロチメダカ(茶系統の底砂にピッタリ)。

どれも素晴らしい色のバランス、シャープさを見せてくれます。毎日眺めていても全く飽きてこないですね。

 

sponsord link



 

もちろん、どのメダカも好きなんです。

三色系やラメ入り・・・どのメダカも可愛くて好きです。

黄金黒燐ヒカリメダカが我が家にいますが、上記3品種と比べると、優しい感じが見ている人を和ませてくれます。

それぞれ飼育者の感性が、初めて購入するときに関わってくるのでしょうか。

 

多分それは違うと思います。

私が初めてメダカを飼ったのも、白メダカ、黒メダカ等安いメダカを、何も考えず育ててみたいと思ったのがきっかけです。

それから、ちょっと勉強して知ったのがいろいろな品種です。

私のシャープ好きはこれからも変わらないと思いますが、心和ませる色とりどり、いろいろな体型のメダカも飼育したいと感じています。

 

今回のブログは、なんだかとりとめのないものになってしまいました。

とくに、写真もありません。ごめんなさい。

sponsord link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

sponsord link



管理人です

管理人のしんぺいです。よろしくお願いします。

記事内の画像はクリックで大きく表示されます。

ランキングに参加しています

クリックしていただくと励みになります。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 

こちらもお願いします。

メダカランキング

管理