メダカの卵が孵化しました。

今日は久しぶりに、シトシトと雨が降っています。

玄関に設置していた30㎝キューブ水槽を撤去してから、4匹の稚魚をタッパで飼育しています。

水温は15℃くらいですが、元気に育っています。

いずれは屋外への移動となりますが、もうしばらくこのまま飼育です。

その稚魚のタッパの横に、透明な容器に屋内水槽で産卵された卵が入っています。

先ほどの稚魚たちの、後で採卵した卵です。

sponsord link

 

もう孵化しないと諦めていた卵です。

ただ先日には、透きとおっていたのが卵の中に目のようなものを発見したので、まだいけるのかもと思っていました。

それから何日も変化が無く、始末することにしようと考えていた矢先でした。

どうせ変化が無いことだろうと思い、のぞいてみたらナント1匹が孵化しているではありませんか(ビフォーアフター調)。

 

ガンバさんのブログから、引用させていただきます(事後承諾ですみません)。

合計で250になる水温&日にちで孵化します。
20℃☓12.5日=250
25℃☓10日=250
30℃☓8.3日=250
注意)水温20℃以下だと時間がかかり、孵化しない場合も。
水温高すぎると卵が茹で上がり、孵化しないことも。
*卵がカビて孵化率も低下します。

そうしたことから考えると、玄関先での屋内水温はは15℃前後、あるいはそれより低い場合もありますから孵化したのは奇跡のようなものでしょうか。

上記の計算でいくと、15℃×16.7日=250になります。

16~20日ほどかかっての孵化かもしれませんね。

 

sponsord link



 

孵化したのはMIXメダカですが、大変な条件下で孵化してきたことを考えると、大切に育てたいと思わずにはいられませんね。

他にも数個卵がありますが、緑色の藻が薄く付着した状態です。

今からメチレンブルーを垂らしても大丈夫かなと思ったりしますが、孵化した針子への影響を考えると実行できずにいます。

緑の藻のついた卵の他に、数個うまくいけば生まれるかなといったようなものも見られます。

緑の藻のついた卵は、スポイトを使って破棄すれば藻のついていない卵には感染(?)しないかもしれません。

いずれにせよ、多くの卵は多分このまま、孵化せずに終わりそうです。

しかし、破棄しなくてよかったとつくづく思っています。

もちろんもうしばらく粘ってみる必要があるのは、言うまでも無いことですね。

 

上記の卵と針子の状態で、メチレンブルーを入れるのはっどうなんでしょうか。

ご存じの方かいらっしゃれば、教えていただけると助かります。

 

*ガンバさんから、アドバイスをいただき、次のように対応いたしました。

孵化した針子を、他の容器に移動して飼育水に足し水をしました。

残った卵は、水替えをしてメチレンブルーを投入しました。

とりあえず、ここまで対応させてもらいました。

sponsord link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

sponsord link



管理人です

管理人のしんぺいです。よろしくお願いします。

記事内の画像はクリックで大きく表示されます。

ランキングに参加しています

クリックしていただくと励みになります。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 

こちらもお願いします。

メダカランキング

管理