今日は、暑い1日でした。

我が地方も夏日のような暑さでしたが、皆様の地域はどうでしたか?

朝の水温は12℃くらいで、日中との温度差はありますが、2日ほど前と比べるとまだマシでしたね。

なんといっても、最低水温が高くないと困ります(差のありすぎも大変ですが・・・)。

これからも、それなりの天気が予報されています。

早く安定した天候になってくれることを臨んでいます。

sponsord link

 

日中の日差しの当たる水槽ですが、今日は義治で日差しを少し防ぎました。

先日もお話ししていましたが、プラ水槽に後景の水草を設置しています。

それが日陰の役目になれば幸いなのですが、ちょっと風が強いと倒れて日除けの役に立ってくれません。

そこで、後景の水草が倒れないようにレンガを入れたのですが、ご覧のように後景が後景で無くなっています。

プラ水槽の中には、4つの素焼きの鉢が入っています。

水槽自体が腕型なので、後景といいながらもレンガを入れて安定させると、水草の鉢が中央に集まり後ろが空いてしまうんです。

これじゃ後景といえないし、日陰の役目もあまりない感じです。

ここに来て思ったのですが、睡蓮鉢のような形状の水槽はこうした不具合が起こってしまいますね。

睡蓮鉢にもいろいろ形状があると思いますが、水槽にたやすい設置ができるような形がよいと感じました。

要するに、すり鉢型は日陰を作るような形には大変という事です(笑)。

 

水温差が大きい場合は、日陰を作るように対策をとってあげる必要がありますね。

そんなに難しいことではありませんが、気配りが必要なのはいうまでもありませんね(これが大変なんですが)。

日除けの傘と小さな木によって、若干の日除けになっていました。

傘は家内がセットしてくれましたが、少しはメダカ飼育に関心があるのかな?そうなら嬉しいですね。

 

水温は、午後から結構上がりました。

発泡スチロールの方が、ちょっと高い状況でした。

まだ最低水温が10℃を若干超えたぐらいですから、天候が15℃以上で産卵に適してくれないかと期待しています。

 

さすがに日中のメダカの動きは活発でした。

給餌の後、水替えおよび足し水と行いました。

給餌が悪い場合は、水質悪化を考慮して上記の作業となります。

天候(外気温)が高くても、水温に影響があまりない場合は安心して入れるんですがね。

これからは、大きな変動も少ないと思いますので楽しく飼育したいと思います。

 

sponsord link



 

各水槽の様子ですが、毎回掲載して見飽きたと思いますが。

でも、私のブログの記録としても掲載したいと考えています。

もちろんスルーされてかまいませんので・・・。

sponsord link