ビオトープ水槽の後景水草を整備し設置しました。

昨日から晴れの天気なのですが、風が少し強かったのでプラスチック水槽の水草が倒れてしまいました。

特にトクサの固定がうまくできていなかったので、植え替えて沈めました。

sponsord link

 

園芸店で売られている容器(ビニール製?)の中に、硬質赤玉土を入れトクサを植えつけたのですが安定性が悪かったようです。

水生水草の土をショップで購入しようと思ったのですが、14リットル入りのものしか無く小さいものは売り切れていました。

専門的に水草を栽培するのであれば14リットルでもよいのですが、趣味でメダカ飼育に使う水草のためには多過ぎですね。

なので、ビニールの容器をやめて、素焼きのがっしりとした鉢で強めにトクサを固定しました。

 

他の水草は、この鉢を最初から利用していたので風で倒れただけでした。

後景に利用しているのは背の高い水草なので、水槽内での安定性が必要になります。

その対策は取れていませんので、風で倒れないように石等で安定させる必要があります。

今回のトクサの場合は容器が柔らかかったので、トクサがバラバラになってしまった状況でした。

なんとかそこは防げたようです。

鉢で沈めた水草は3種あります。

先に述べていますが、この鉢とプラ水槽の間に、石やレンガを入れて安定させたいですね。

 

sponsord link



 

この水草の間を、メダカたちは気持ちよく泳いでいます。

最初に投入したパイロットフィッシュとともに、玄関の屋内水槽から移動させたメダカたちです。


最後の写真は、新しく立ち上げた小さな睡蓮鉢です。

入っているメダカたちは、屋内からの移動組です。

sponsord link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

sponsord link



管理人です

管理人のしんぺいです。よろしくお願いします。

記事内の画像はクリックで大きく表示されます。

ランキングに参加しています

クリックしていただくと励みになります。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 

こちらもお願いします。

メダカランキング

管理