オロチメダカの発泡スチロール水槽を徹底的に清掃しました。

史上初の大型10連休、ゴールデンウィークも最終日を迎えました。

テレビでは、明日からの仕事がつらいとの声がしきり・・・私は関係ないのですが、気持ちはよくわかりますね。

ほとんどメダカ三昧に終わった連休ですが、退職した身には平日の方が動きやすいので気になりません。

最終日の今日も風が強いものの、よい天気で25℃ほどになりそうです。

夜には雨の予報ですが、たまにはよいかなと思えます。

sponsord link

 

昨日は予定どおり、屋外発泡スチロールで飼育しているオロチメダカ水槽の大掃除を行いました。

昨年末から今まで、越冬中だったため触れていない状態でした。

ごらんのように、壁面からは藻が長く伸びてきています。

 

まずオロチメダカを待避させました。全部で11匹います。

昨年は15匹いたのですが、越冬前に残念ながら11匹になってしまったんです。

でも、残りの11匹全部が無事越冬してくれました(嬉)。

 

次に水槽の中身(底砂や石類、そして水草)を取り去りました。

焼赤玉土を先日購入した硬質赤玉土に交換しようと考えましたが、この低床にはバクテリアが住み着いていると思い、軽く洗って利用しました。

もちろん水道水ではなく、カルキの抜けた水で洗っています。

 

発泡スチロールの水槽は、壁面の藻をしっかり洗い念のため熱湯消毒をしました。

しっかり洗っても緑色の部分が取れないので、このまま使用すると藻の発生がひどいだろうと考えました。

熱湯消毒をしたのは、発生するだろうとは思っていますが少しでも遅くしたかったからです。

当たり前ですが、熱湯消毒は水槽だけです。せっかくのバクテリアがいなくなっては困りますから・・・。

 

石類はご覧のとおり、とても長い緑の藻に覆われ無残でした。水草のウィローモスは伸び放題とともに藻が張り付いています。

投入した石は、買い置きしていた溶岩席です。

藻の覆われた石は、しっかり洗って日干しして投入するつもりです。

バクテリアは残念ですが・・・。

こんなにひどい汚れ方をしていなければ、カルキを抜いた水で洗ってから投入するとバクテリアは残るんですけれど。

 

sponsord link





 

もう一つの発泡スチロールの水槽も、同様にきれいにしたいと考えています。

こちらには、幹之メダカ鉄仮面が2匹だけいます。

2匹にこの水槽の大きさはもったいないのですが、鉄仮面メダカを今後増やしたいんです。

そのためにも、大きめの水槽で飼育しています。

大掃除の際に、鉄仮面このメダカの雌雄を調べようと考えています。

2匹とも同性じゃ繁殖できませんものね(笑)。再度購入しようと思います。

 

今日は昨日の作業疲れが残っており(年を感じます)、水槽のこの掃除は次回のよい天気の日にまわします。

今回の水槽や、いくつか立ち上げた水槽の動画です。どの水槽のメダカも元気です。

sponsord link