水温が高いので、屋内飼育メダカを屋外水槽に移動しました。

昨日の投稿で書いていましたが、今日屋内メダカ水槽から屋外に移動しました。

屋内の30㎝キューブ水槽には、結構な匹数が泳いでいました。

以前にも言っていたと思うのですが、いくつかの品種が混ざっています。

なので、MIXメダカとして今後飼育していくつもりです。

sponsord link

 

正確に数えてはいませんが、30匹はいたようですね。

ですから、屋外の水槽が不足していたんです。

仕方が無いので、プラ水槽にちょっと多くなるかもしれませんが、楊貴妃系のメダカ(赤い種がいなかったので)を投入しました。

 

また、残りのメダカたちは新しく立ち上げた水槽に全て投入しています。

パイロットフィッシュを入れて慎重にメダカを入れるべきなんですが、水槽が足りずパイロットフィッシュを兼ねて(かわいそうな仕打ちですが)の投入です。

 

ちょっと小さいのですが、睡蓮鉢がありますのでそちらでもメダカを飼育したいと思っています。

プラ水槽と同様に、ビオトープとして眺められる水槽にしようと考えています。

低床には硬質焼玉土を敷いて、現在カルキ抜きの最中です。

もちろんバクテリアが繁殖するように、手を打たないといけませんが・・・。

 

今日は、屋内から屋外へのメダカ移動と、睡蓮鉢での水槽立ち上げを頑張りました。

屋内の水槽では焼玉土の黒色を使用していましたので、それらを洗って日光消毒をしています。

また30㎝キューブ水槽もしっかり洗い、来年の冬には再度使用すると思います。

 

sponsord link



 

園芸店で焼玉土を購入したのですが、通常の赤玉土よりちょっと高い(ほんの少しです)硬質赤玉土にしました。

大・中・小があると紹介しました。

大の場合は、メダカが隠れるために潜り込み★になることもあるそうです。そうしたことも考え小にしました。

500円ほどでたっぷりの量があります。

これで、飼育に問題が無ければ(ビオトープになってくれれば最高)、メダカ飼育に優れた低床材といえるでしょう。

いままでは、価格が高いとそれなりに効果が高いと考えていました。

でも、いくつかの水槽に使い始め(最近です)てなかなか良さそうです。

使い始めたばかりなので、今後様子を見る必要があります。

 

睡蓮鉢への投入や、今後も新水槽を立ち上げてより環境を整えた水槽を作りたいと考えています。

発泡スチロールの購入とか、中途半端なチャームさんから購入した黒い水槽がまだ余っています。

狭い敷地や冬場の落雪等を考えると、まだまだ先のことですがそうしたことも考慮して水槽を設置しようと思います。

こうしていろいろ考えて、水槽の設置をしていると本当に楽しくなります。

最高のシーズン到来ですね。

sponsord link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

sponsord link



管理人です

管理人のしんぺいです。よろしくお願いします。

記事内の画像はクリックで大きく表示されます。

ランキングに参加しています

クリックしていただくと励みになります。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 

こちらもお願いします。

メダカランキング

管理