今日は、今までで一番気温・水温が高かったような気がします。

おかげで、結構メダカ飼育のための作業が、うまく行えたと感じています。

一つは、新水槽の立ち上げですが、硬質赤玉土を敷きゼオライトやアナカリスを入れてバクテリアの増殖を待っています。

しばらくすれば、パイロットフィッシュによる本格的な立ち上げに入ろうと思っています。

今日の朝は、結構冷え込みました。

しかし、朝の6時に水温は10℃ほどありますの、で嬉しい限りです。

日中は、もっと温度が上がるということですね。

sponsord link

 

昼過ぎに、買い物に行った家内と娘が、購入してくれたのが水草でした。

ちょっと協力的で、嬉しくなりました。

購入した水草です。(名前がわからず、ごめんなさい)

おかげで、プラスチック水槽は完成となりました。

「メダカが喜ぶ水草」って、どこで買ってきたのでしょう。初めて見ました。

まだまだ、様子を見ながら手を入れることがあると思いますが、とりあえずはこれで良しとします。

トクサ等の背の高い水草は、素焼きの鉢に植え替え、硬赤玉土(大・中・小の3種類があるのですが、小の一番小さいものを使用しました)を入れて固定して沈めています。

素焼きの鉢や硬質赤玉土は、園芸店で購入しました。

店員さんもとても親切で、硬質赤玉土には余計な成分が無く、メダカ飼育にも適していることを説明してもらい購入しました。

後景・中景・前景と、それなりに気を配って設置したつもりですが、私としては後景が寂しいかなと感じています。

トクサのように、背の高い水草をもっと配置すれば、見栄えがよくなるのかなと感じています。

徐々に自分の感性に合わせ、手直しをしていく予定です。

 

sponsord link





 

話は変わりますが、先日から新水槽の立ち上げを進めています。

チャームさんから購入した黒い水槽ですが、私の気持ちとしては底砂に黒いサンドを考えていました。

でも、メダカが元気で問題なければ底砂にこだわる必要が無いのかなと考え始めたんです。

そこで、今まであまり考えていなかった赤玉土(焼玉土は使用していますが・・・)を使うことにしました。

上記に書いたものと同じ、硬質焼玉土です。

ネットでの評判も、とてもよいからです。多孔質で、バクテリアが住み着きやすいんですよ。

私が使わなかったのは、色が好みと違ったからです(カラーのメダカが目立たないからです)。

でも、メダカのよりよい生活には変えられませんね。

 

園芸店での購入で赤玉土に含まれる成分を心配したのですが、関東のローム層から取れるもので、一切の成分を含でいないとのことでした。

詳しい店員さんから聞くと、とても安心感があります。

まだまだよい天気が続きそうなので、次の予定は屋内玄関の水槽から屋外への移動です。

sponsord link