久しぶりの日差しです。蛎殻の新規投入や再利用をしました。

ゴールデンウィークも半ばとなってしまいました。

朝(6時頃)から水温も高く(12~3℃)、アクアリウムの手入れ日和の予感がしていました。

そうした予想通り、今日は久しぶりによい天気に恵まれ、アクアリウムの手入れを行っています。

日陰の午後からの水温です。左が水底、右が水面です。

陽当たりのプラ水槽は、とても高くなっていますね。
 スネールが邪魔ですね(怒)。

それぞれの屋外水槽から、蛎殻の入った袋を取り出し、タッパに開けて日干しです。

sponsord link

 

蛎殻は、今まで使っていたものを洗って日光に当てて、使い回しをします。

使い回す分は、しばらく保管です。

購入して使用していなかったものを、今度は使用します。

 

蛎殻の効能を改めて述べますと・・・

・酸性化した水質を、蛎殻が溶けてアルカリ性に高めてくれます。

・多く投入しても、弱アルカリで止まります(多く入れれば早く弱アルカリになるということで、アルカリ度が高くなるということはありません)。

・基本的に、水質を安定にしてくれると思います。

もちろん無くても、水質を良質に保つことは可能です。

ですから無くてもかまわないかもしれませんが、私は入れています。

 

青濁り(グリーンウォーター)のとを考えると、必ずしも取り除く必要が無いのかもしれません。

ただ私は、ビオトープとして濁りの無い水槽を目指しているので、若干こだわりがあるんです。

 

水質がアルカリ性に傾くということは、水草類にはよいことです。

ですから、もしかすると植物性プランクトンにとってもよいことかもしれません。

ということは、グリーンウォーターになりやすいといえることでしょう。

でも、水替えを上手にしたりすることによって、グリーンウォーター化を防ぐことができるかもしれませんね。

 

sponsord link





 

明日もよい季候のようです。

思い切って、屋外飼育のメダカを外に出そうかなと思っています。

もちろん明日になってからの話ですが、水温が高ければということですね。

ただ今年は、気温・水温の上下が大きいので、なかなか難しいのですが・・・。

 

sponsord link