メダカ新水槽を立ち上げていますが、低床(底砂)に悩みました。

今日も小雨模様です。気温・水温はそれなりに高いのですが・・・。

朝の時点(7時)で水温も14℃近くありました。

今日の最高外気温は19℃だったんです。

でも夕方計ると水温は、やや低くなっていました。12.9℃です。

天気予報でも、夕方にかけて気温が下がり若干冷え込むとのことでした。

明日、明後日は14℃、11℃と冷え込む予想です。

その後、回復して暖かくなるのですがね。

sponsord link

 

先日から1つの水槽を立ち上げ直ししているんです。

天候があまりよくないので、ソイルのや石類を熱湯消毒させておきました。

よーく考えると熱湯消毒させているということは、不純物を消毒あるいは死滅させたということですから、このままいけるということだと考えました。

 

石類は太陽光に当ててしっかり消毒してからでも間に合うだろうということで、とりあえず水槽に水道水を入れて数日おくことにしました。

赤玉土がベターだということをよく聞きますが、焼玉土の黒を使って立ち上げています。

この黒い焼玉土は、焼いてあるにもかかわらず崩れやすいんです。

半日経ちましたが、相変わらず黒く濁ったままです。

まあ、立ち上げを慌てているわけではないですから、じっくり時間をかければそのうちきれいになると思います。

焼玉土の茶色は崩れにくく、私個人的にもお気に入りなんです。

もちろんこの茶色い焼玉土では、濁った水質になったこともないですから・・・。

今回もそう考えたのですが、投入するメダカは三色透明燐メダカです。

茶色の低床(底砂)ではメダカが見えにくいとか、色揚げは底砂が黒いほうがよいということを聞いていますので、今回は焼玉土の黒を使います。

もちろん再利用で、費用を抑えているのですが。

 

sponsord link



 

数日して濁りやカルキも取れれば、パイロットフィッシュを投入し、本格的に新しいメダカを迎えるようにします。

先に述べた石類の投入や、蛎殻を入れてややアルカリにしたいと考えています。

昨日・今日と小雨模様なので、雨のかからないところに避難しています。

他にはアナカリス等の水草を入れ、ビオトープとして立ち上がればと思っています。

 

水温が高くなるにつれ、ビオトープとして水質を維持していくことが難しいと思います。

いつも書いているのですが、ビオトープとして透きとおった水質で飼育することが最高の喜びなんです(ちょっと大袈裟ですね)。

私自身の憧れなんですが、メダカたちにとってはそうしたこだわりはないですよね。

そうしたことを考えれば、メダカたちが元気に何の問題も無く生活できれば、それば1番なのかもしれません。

sponsord link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

sponsord link



管理人です

管理人のしんぺいです。よろしくお願いします。

記事内の画像はクリックで大きく表示されます。

ランキングに参加しています

クリックしていただくと励みになります。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 

こちらもお願いします。

メダカランキング

管理